1日3分で偏差値10上げる研究室

一日3分程度で読むことのできるブログで受験勉強に役立つ情報を提供します! 目指せ偏差値10UP!!

どーも!ひいらぎです!!
今回は、世界史の勉強法について解説していきたいと思います!!

世界史の特徴


それでは、まずは世界史という科目の特徴について解説していきます!!
世界史の受験科目としての特徴は、

1 横文字(カタカナ)が多い
2 世界地図を把握しなければならない
3 いろいろな国の勉強をしなければならない

といったものがあります!

そしてこの3つの特徴はすべて覚える量が多いということにつながっています!
覚えることが多いのはしんどいですが、だからと言って社会の科目選択で選ばない方がよいのかと言われれば、別にそうでもありません!


世界史の勉強法

では次に世界史の勉強法について解説していきます!先ほどの
1 横文字(カタカナ)が多い
2 世界地図を把握しなければならない
3 いろいろな国の勉強をしなければならない
この3つの特徴をいかに攻略していくかが、世界史の勉強法にとって重要です!!

カタカナが多い、これは裏を返せば漢字を覚える必要がないということです!これが吉と出るか凶と出るかは、人それぞれです!しかし、漢字を覚える必要がないということは音で覚えれば、つまり口で言うことが出来れば、あとはそれをカタカナで書くだけですので、覚えるのが難しい用語は何回も音読して覚えるのが効果的です!

世界地図を把握するのは、別に世界中のすべての国を覚える必要はありませんし、基本的に出てくるのは列強やアメリカ、中国などが主ですので、これは教科書の地図をしっかり読むことで対処できると思います!

いろいろな国の勉強をしなければならないということは一国一国を詳しくするよりも多くの国を広く浅くすればよいということです。なので、理解ももちろん重要ですが、僕が選択した日本史と比べると理解よりも用語をしっかり覚えきるということに重点を置いてほしいです!

なので、英単語を覚えるのと同じような要領でがんがん用語を覚えていく勉強した方がよいでしょう!

それでは、世界史の用語を覚えていくための勉強法を説明していきます!

まずは、あなたの世界史の核となる参考書を見つけましょう。

参考書ごとに同じ用語でも少し説明が違います。なので複数の参考書をやってしまうと知識がごちゃごちゃになる危険があります!複数の参考書を使うことを否定するわけではないですが、最も重点的に使う参考書は一冊に決め、それを軸に世界史の勉強をしましょう!

次に暗記についてなのですが、別に世界史に限ったことではなく、知識の定着にはインプットとアウトプットの両方が不可欠です。いくらみなさんが世界史の用語を覚えたとしても、それを問題文を読んで正しく答えることが出来なければ意味がありません

参考書を読み込むだけでは、その参考書のすべてを覚えることは不可能です!!

なので、適度にアウトプットを取り入れなければなりません!
ここで自分のおススメはある程度覚えたらさっさと問題演習をしていくことです。

このある程度というのが分かりにくいと思うので、説明します。ある程度というのは、
参考書を2周し終わったくらいです!!
これがきついと思うならば、テーマごと(古代中国の成立・ローマ帝国の隆盛など)に区切って、そのテーマを2周し終えた後にその分野の問題演習を始めてもらってもかまいません!

実際に参考書を読むだけでは多くても70%くらいしか知識は入らないと思います。
なので、実際にアウトプットしてみることで、自分が覚えられている用語と覚えられていない用語を整理して、覚えられえていないところだけを効率的に覚えることができます!

こうして参考書を読んで得た70%の知識を80%、90%へと高めていきます!

では、これから参考書について解説していきます!


世界史のおススメ参考書 

ではまずはインプットのための講義系参考書のおススメを紹介していきます

一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書(SBクリエイティブ)
796


まずおススメするのが、「一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書」です。

あまり聞き覚えがないかもしれませんが、この本は一応参考書ではなく社会人向けの一般書になっていますが、アマゾンのランキングでずっと1位を取り続けた本です!こちらは年号などの細かいことはあまり載っていませんが、世界史を大まかに理解するのには非常におススメです!

この本のレベルとしては、世界史が苦手な人、世界史を1から学びたいという人には重宝すると思います!

これならわかる!ナビゲーター世界史B(山川出版社)
d0kmf4fsElI0CB2j

つぎにおススメするのが「これならわかる!ナビゲーター世界史B」です!
この本の特徴としては、教科書の流れと全く同じように解説されています。なので、学校で教科書が配られている人は、硬い言葉で書かれている教科書の中身を理解するための副教材として使うことができます!

副教材としても使える参考書ですがもちろんメインの教材としても全然使えます!また、この本は「一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書」と違って受験用の参考書なので、受験に必要な範囲がくまなくのっています

この本のレベル感としては、初心者から上級者まで幅広く対応しているので、特に世界史に苦手意識がないという方はとりあえずこの本と教科書をしっかりやりこめばどの大学にも対応できると思います!


まとめ

今回は世界史の特徴やその勉強方法について解説しました!

世界史は細かな理解もそうですが、何より大切なことは
たくさんの用語をもらさずに覚えきる!

ことですので、参考書を2周→問題演習→覚えていないところを復習
というサイクルをガンガン回して、単語を覚えきれるように頑張りましょう!!



ひいらぎ・・・奈良県在住の20歳の大学生/県内トップの公立進学校に入学/京大模試でA判定をとりその後も順調にいくも受験本番で失敗 5点足らずで落ちる その後滑り止めの大学に進学/TOEICの勉強を始めて3カ月でTOEIC900点取得/現在は簿記2級取得に向けて勉強中

どーも!!ひいらぎです!!

普段僕は大学受験に役立つ勉強法を主に解説しているのですが、ツイッターの受験生以外のフォロワーさんの勉強アカウントが多くなってきたので、今回はその方たちのために、TOEIC勉強3カ月でTOEIC900点を達成した僕が、TOEICの点数をあげる勉強法やおススメ参考書を解説していきます!!


TOEICの形式とその特徴


TOEICを受ける方の中には、自発的でなく受験する方もいると思います。

そのような方は意外とTOEICの試験時間や問題数もわかっていない人もいます

TOEICの試験はリスニング495点満点で約45分100問リーディングは495点満点で約75分100問、どちらもマークシート方式です!

そして、大学受験と比べると、リスニングがとにかく速い。。自分の体感では、読まれるスピードは共通テストの1,2~1,5倍くらいの速さだと思います!

リーディングに関しても、とにかく速く文章を読んで速く問題を解かなければなりません!!
これも私の体感ですが、共通テストのリーディングを15分残しくらいで解けるスピードがなければ、最後まで間に合わないと思います!!

あと得点は1問5点といった採点方法ではなく、みんなが解けた問題は配点が高く、みんなが解けなかった問題は配点が低い、という風にこちらにはわからないように調整されています。
しかし、調整後でも、大体1問5点計算の点数にはなると思います!!

普段から私のブログを読んでいただいている大学受験生の皆さんは、
「えええええ!!大学受験よりも難しいの!?」って感じると思いますが、大丈夫です。TOEICにはTOEIC用の勉強の仕方がありますので、勉強をすれば必ず出来るようになります!


TOEICの勉強法 リスニング編


では、まずはリスニングの勉強法について解説していきたいと思います!

先ほど述べたように、リスニングは共通テストよりもかなり速いです!大学受験で勉強していたので、あまり勉強せずにノリで受けようとしている方はおそらくほとんど聞き取れないでしょう。

しかし、僕に言わせるとリスニングは全部聞く必要ありません!!

なぜなら、先ほど述べたようにTOEICはマークシート式の選択問題であり、1つのトークにつき3つの問題があるのですがそれらはその設問順に台本が読まれるので、設問に対する答えの部分だけを聞き取ればよいのです!

例えば、Where was her bag? 1 hospital 2 office 3 house 4 school

といった問題があったとしてスクリプトで I found my bag at ???と読まれた部分があったらその???だけを聞き取ればよいのです。しかし逆にI found my bag atまでは聞こえてその後の???だけが聞き取れなかったらば、その問題に正解することが出来ません。

つまり、設問に答えられる部分だけ聞き取れればリスニングは正解出来ます!!

そしてそのために必要なことが、問題の先読みです!!

大問ごとにその大問を説明する音声が流れるので、その間に次の問題は何を聞き取ればよいのかを確認しなければ、結局リスニングの全部分に集中しなければなりません。そうなるとリーディングで疲れてしまったりなどあまり良いことがありません!

なので説明の音声の時に次の問題を先読み→音声が流れている間に問題を解く→解き終わったらまた次の問題の先読み
このサイクルをいかに徹底できるかということがリスニングで高得点をとるためのカギです!

そしてそのために必要なことは、わからない問題は潔く捨てるということです!
分からなかった問題=聞き取れなかった問題なので、自分で考えたってしょうがないです!
その考えている時間が先読みのサイクルを崩します

そしてこのようなサイクルをこなせるようになるために必要な勉強は、
とにかく演習をするということです。演習をしているうちにTOEICの音声の速さにもなれることが出来ますし、似たような設問が多く登場するTOEICでは、先読みの読むスピードを上げることができます。

やはり、英語になれるにはたくさん英語を聞くしかないと僕は思います!



TOEICの勉強法 リーディング編


TOEICのリーディングの難しいところはなんといっても
時間が足りないことです。

なので、このブログを読んでいるという方はおそらく最後まで解ききれないと思います。実際僕も基本的にはぎりぎり間に合うかどうかくらいで間に合わない時もありました、、、(確か解ききれるのは全体の数%だったと思います...)

しかし、TOEICのリーディングは全問解けなくても高得点、最低でも450点はとれます!
皆さんは私が先ほど

「得点は1問5点といった採点方法ではなく、みんなが解けた問題は配点が高く、みんなが解けなかった  
 問題は配点が低い、という風にこちらにはわからないように調整されています。」


といったことを覚えていますか?リーディングは基本的に最後まで解ききれないと思うので、重要なことは、いかに一問に時間をかけないかということです。

時間がかかる問題って、どのような問題だと思いますか??実は時間がかかる問題は、答えの根拠が変な場所にあったり、直接的にはかかれていないというような難易度の高い問題です!

これらのことを踏まえると、リーディングの基本戦略は、

簡単な問題を先に全部解き、そのあとにあまりわからなかった問題をじっくり解いてみる

ということです。あなたが分からない問題は基本的にほかの人もわからない、難しいと感じています!

なので、自分が分からない、もしくは根拠が弱いというような問題はさらっと捨てちゃってください!

リーディングで高得点をとるために必要なことは、勇気をもってわからない問題を捨てる練習をすることです。なので、模擬試験方式の問題集を買って自分が解ける難易度の問題を絶対に落とさないようにする意識してたくさん演習することだと思います!

文法問題は大学受験の知識があれば十分やれると思いますが、不安ならば
こちらのでる1000問(TEX加藤)をしっかりやれば大丈夫だと思います!
IMG_1794-1536x2048 

もし文法が全然わからないという人は高校英語の文法の勉強法を解説したブログがあるのでそちらをお読みください!
独学でもできる!偏差値10上がる英文法の勉強法!


単語に関しては大学受験用の単語だけではやや不安があります。
TOEICはビジネスの話がよく出てくるのでビジネス英単語を覚える必要があります。
なので、単語帳はこちらの金のフレーズ(TEX加藤)をおすすめします!
OIP (1)
こちらも以前単語の覚え方について解説したブログがあるのでそちらをご覧ください!
1週間で英単語700個覚える勉強法

おススメの問題集

今までの解説を通して自分が皆さんに分かってほしいことは、
結局TOEICは問題をたくさん解くことでコツをつかめたり問題になれたり出来るので、数をこなすことを意識してほしいということです!

まあ、問題演習系ならどれもおススメ出来るんですがその中でも特におススメなのは

公式問題集です!

やはりETSが作った公式問題集が一番難易度や質的にも近いので本番と同じような感覚で練習することができます!!これをやりこむことで、着実に本番で点数をとれる実力が身につくと思います!

41TnF8ZLlOL._SX218_BO1,204,203,200_QL40_ML2_

まとめ


今回は、TOEICの形式、その形式をもとにした攻略法・勉強法、そしておすすめの参考書を紹介しました!

TOEICはどちらかというと英語の実力それ自体よりTOEICに慣れているかどうかのほうが点数をアップさせるのに重要なので、わからない問題はすぐに捨てるということを心がけることで点数は確実にアップします。

それでも英語の実力がない人が小手先の技術だけで点数が取れるほどTOEICも甘くありません!!
なので、結局TOEICの点数を上げるためには、地道な努力は必要不可欠です!

TOEICは、就職、大学編入などに使えますし、高得点をとることで自分のステータスにもなるので、ぜひこのブログを読んで、高得点を目指してください!!





↑このページのトップヘ