どーも!ひいらぎです!!

昨日、私がアルバイトをしている学習塾の生徒から、「古文の文法は覚えたんですけど長文が読める気がしません。ぴえんぴえん」と相談を受けました。

実際僕の経験でも、定期テストで出てくるような文法問題が解けても、長文になると全然その知識が使えなかったということがありました。。

なので今回は古文の文章を読むために必要な文法要素について解説していきます!!

学校では教えてくれない!?実は古文でめちゃくちゃ使える文法

みなさん学校や参考書で最初に教えられる文法は何ですか??

まあ用言の活用も文法っちゃ文法ですがそう!助動詞ですよね?学校の授業で動詞や形容詞、形容動詞などの用言の活用をさらっと行った後、助動詞を習います!あの「る」「らる」から「やうなり」までたくさんの助動詞を覚えてきましたよね?さらに助動詞が持つ複数の意味を覚えるのもとても大変だと思います。

確かに助動詞も古文を読むためにとても重要な知識です。しかし

助動詞をどれだけ完璧にしても古文は読めません。

その理由は助動詞は文字として目に見える部分なら訳すことが出来ますが、古文が読めない大きな原因である省略に関しては全く意味をなさないからです!

古文が苦手になる原因については以下の記事で解説していますのでお時間あれば見ていってください
古文が苦手になってしまう原因とおススメ参考書

それでは古文を読むことが出来るようになるために必要な文法とは何なのでしょうか。
それは、
助詞・敬語です。

実はこの2つこそが古文の難関である省略の中でも特に重要な主語の省略を見破るためのカギなのです!

では、今からこの2つの文法について解説していきます!

・助詞

ここでいう助詞とは、を・に・が・ど・ばです!
この謎の暗号みたいなものが助詞で、その中でも特に接続助詞と呼ばれます。接続助詞の見分け方としては、文と文をつなぐ部分、つまり読点(、)の前についているものはたいていの場合接続助詞です!

では、この接続助詞を学ぶとどのようにして省略されている主語を見破ることが出来るようになるのでしょうか?

それは、これらの助詞によって主語が変わったかどうかがわかるということです。

古文で一番困るのが、なんのことわりもなく主語が変わったのに省略されているところです。しかし、このを・に・が・ど・ば、の次の文章は主語が変わる可能性大です。ここで注意していほしいのが、あくまでも可能性が大きいだけで、必ず主語が変わるというわけではありません

しかし、このを・に・が・ど・ばを見かけた後に、その次の文章の主語が変わっているかどうかをチェックするように意識してみるだけで、古文で大きくやらかしてしまうことは減ると思います!!

同じように、て・で・つつ・ながらというような助詞は、その次の文章の主語が変わらないという特徴を持つ助詞です。しかし、主語が変わらない場合は不思議と皆さん主語を補って読むことが出来ます。
なのでまずは、を・に・が・ど・ばで主語が変わったときにそれを見破れるようになることを意識しましょう!

敬語

同じく敬語も主語の省略を見破るための重要なポイントです!今までの文章は~し給う、仰る、というような尊敬語で進んでいたのに対して、を・に・が・ど・ばのあとの文章では侍る、申す、というような謙譲語が使われていたら、明らかに主語が変わったことが分かりますよね?

別にを・に・が・ど・ばがなくても敬語の種類が変わった場合は確実に場面が転換したか、主語が変わりますので、敬語も、古文の難関である主語の特定を解決するための重要な要素であるということが分かります!

まとめ

今回は古文の長文が出来ない人に向けて助詞を・に・が・ど・ば、と敬語について解説していきました。

今回の記事を読んでもらって分かったと思いますが、古典文法を勉強したところで古文が読めないのは、古文を読むためには、文法・単語だけでなく古文を読むための知識が必要であり、それが、省略されている主語を見つけることなのです!

このように主語を特定することができるようなって初めて古文を読むことが出来るようになります!!
実際に僕も、この主語の特定を意識して学習するようにしたところ、ほかの友達よりも良い成績をとれるようになり、古文を得意科目にすることが出来ました!

もし、主語の特定が出来ない!主語の特定なんて考えたことなかったという人はぜひこの記事を参考にして古文を得意分野にしましょう!!