どーも!!ひいらぎです!!

みなさんは現代文をどのように勉強していますか?

現代文なんて覚えることも漢字くらいしかないし、勉強しても意味がない!!っと思っていませんか?実際自分も受験生時代はそう思っていました!!

しかし!!現代文は勉強をすることによって確実に成績があがる科目です!!
ところがみなさん現代文の勉強法といわれてもなかなか思いつかないと思います。

なので、今回は現代文の勉強法が分からないという人たちのために、現代文の勉強法を解説していきたいと思います!


現代文の勉強法とは?

正直僕も受験生時代に現代文の勉強をしろといわれても何をしてよいのか全く分からなかったです!

それでは、現代文が得意な人はどのようなことに意識して現代文を読んでいるのでしょうか?実は、現代文が得意な人は、現代文のルールを意識して読んでいます!

それではそのような現代文のルールとはどのようなものなのでしょうか?現代文の中で重要な要素として接続詞があります。今回は接続詞の”しかし”の中にある現代文のルールについて解説していきます!

皆さんはしかしという接続詞にどのようなイメージを持っていますか?ただの接続詞ですか?それとも、逆説の接続詞ですか?たしかにそのようなイメージも間違ってはいません。

しかし、”しかし”にはもっと重大なルールがあるのです!それは、
A,しかしBという場合は、”しかし”のあとのBが筆者の主張である
ということです!
先ほどの傍線部の文章を見てください!しかしの前の文と後の文、どちらが僕が伝えたいこと(主張)だと思いますか?もちろん後の文ですよね?

このようなルールは現代文にたくさんあります!そして、それらのルールを踏まえたうえで現代文を読むようにすると、筆者の主張や一般論など、文章の流れが分かるようになってきます。そのような状態で現代文の問題演習をたくさんこなすことが現代文の勉強法です!

現代文で抑えておかなければならないのはこのようなルールです!そしてその後の問題演習もただ問題を解きまくるだけでは効率が悪いです!

現代文の問題を解くときに意識しておいてほしいことは、段落ごとに簡単に要約する癖をつけてほしいということです!

現代文を解くときに、問題からみるか文章から見るかでも変わりますが基本的には何回も問題と本文を往復することになります。そこで問題箇所を探している時間は無駄な時間です!なので、段落ごとに大体でいいのでその段落がどういうことを言っていたのかを要約しておくと、その無駄な時間を少しでも減らすことが出来るし、先ほどの接続詞のルールとともに文章の流れや構成がより詳しくわかるようになります!

このように、現代文にも意識すべきことや正しい勉強・問題演習の仕方がちゃんと存在するということが分かりました!!なので、自分の感覚で現代文の勉強をしても意味がないと決めつけることなく、この記事の内容や先生の意見などを参考にして勉強するようにしましょう!


まとめ

今回は、現代文が得意な人はどのようなことに注意しているのか、またそれに基づいた勉強法に関して解説していきました!まとめると
現代文も勉強をすれば確実に成績を上げることが出来る
現代文にはルールがある
段落ごとの要約することで文章の流れが分かり、問題の要素を探す時間を減らすことが出   
 来る

の3点です!

現代文で大切なことはフィーリングで解くのではなく、文章の流れや問題の要素などを見つけて論理的に文章を読むことです!そのような技術をつけるために、面倒がらずに現代文の勉強をするようにしましょう!