どーも!ひいらぎです!

執筆中の今現在、共通テストまで残り5日となりました。私立の人はともかく国公立大学を志望する人にとって共通テストは合否を決める大きな試験となります!(私立の共通テスト利用の人にとってももちろん超重要です!!

残り5日となった今から、大きく点数を伸ばすことは不可能に近いです!すでにいろいろな人から言われているかもしれませんが、共通テストで良い結果を残すために最も大事なことは、とれるところをしっかりとるということです

その見当たり前なことをするためには何をすればよいと思いますか?そう、

"総復習"です

総復習といっても具体的に何をすればよいのかわからないと思うので以下共通テスト直前にやるべき復習について解説していきたいと思います!この記事は共通テスト本番直前の方にはもちろん役に立ちますが、受験生でない共通テスト模試を控えている方にとっても有益な記事になることを保証するので、ぜひ受験学年ではない方もぜひぜひ読んでいってください!!

共通テスト目前にやるべき総復習

206859318e29c3ed9e189b6f729deb3e


共通テスト目前にやることその1

模試や過去問演習の間違えた部分の見直し

これは復習としてやる人は多いのではないでしょうか?模試や過去問演習で間違えた問題はそのままあなたの弱点ともいうことが出来ます。特に演習中に出来なかったけど解説を見てみたら分かったという問題を放置していませんか?

このような問題を解説を見ただけで満足していると本番になっていざ自分で解こうと思うとなかなかできないということがあります。演習をやった直後の復習だけで満足するのではなく、直前に自分の力で出来るようになっているのかを改めてチェックするようにしましょう!

模試の見方


共通テスト目前にやることその2

自分がよく間違うパターンや自分の癖の確認

共通テストにおいて一番やってはいけないのがミスによってとれるところを落としてしまうことです!それを防ぐためには自分がよくやってしまうミスや自分の癖をしっかり把握することが重要です。そうしておくことで本番でそのようなミスを減らすことが出来ます!例えば僕では、英語のsea level(水面)を水質だと考えてしまう癖があります(ここまで分析できていてもまだ癖で同じような間違いをしてしまいます。。)。ほかにも数学の公式の符号を間違えたり、といったことを書き留めていました!

本来ならこのような自分のミスや癖というのは普段からノートなどに書き留めておくのがベストなのですが、今からでも遅くないです!自分のミスや癖を紙に書きだしましょう!本番前にその紙を見ることで人生が変わるかもしれないですよ?

取れるところをとるためには、まず今までにやったところを確実に出来るようにならなければなりません。これらの復習をおろそかにする人は、もしかすると以前見たことあるような問題で大きくつまづいてしまう可能性があります!!

直前期に絶対やってはいけない勉強法
3c4af2dbc53abb4f34e91c748dc5b2dc

直前期に絶対やってはいけない勉強法があります。それは

"復習をやらずに新しいことをする"です!

今のままの自分じゃまだ合格点を取ることが出来ないかもしれない。

分かります!わかりますよその気持ちは!!しかし、復習をしないままでは今までにやった問題演習は全く無意味なものになってしまいますよ?せっかく自分が間違えたところ=伸びしろを今までの演習が教えてくれているのにそれを活かさない手はなくないですか?新しくやっているところは絶対にテストに出ますか?

このことを反省したうえでもなお新しいところに進むのなら僕は止めません。皆さんの自由ですから。

でも僕は、少なくとも復習に時間を割いた方が良い点数を取れると思います!!


まとめ 

今回は共通テスト直前にやるべき勉強法について解説していきました。残り数日で新しい知識を勉強しても、それがしっかり身についたり、本番で活用したりできるとは限りませんので、残りの期間は復習に時間を使うことをおススメします!

試験本番で点数を取るためには今までの過去問や模試を総復習して、今までやった問題は全部わかる状態で入試本番を迎えるようにしましょう!!

スポンサードリンク