どーも!ひいらぎです!!

皆さん、過去一難しいかもしれない共通テストを終え、嵐のような勢いで各大学の試験が過ぎ去っていきつつあります!今回初めて大学入試にチャレンジした人は、その苛酷さや残酷さを初めて目の当たりにしたことだと思います!

受験勉強に取り組んで上手くいった人もいればうまくいかなかった・失敗してしまった人もいるかと思います。今回は、すでに浪人を覚悟で入試に臨む人にむけてアドバイスをさせてもらいます!

目次
申し込んだ入試は最後まで受けよう!
入試に対して本気で取り組む経験をしてみよう!
なぜうまくいかなかったのかをしっかり分析してみよう!
基礎固めのためのおすすめ参考書紹介!


申し込んだ入試は最後まで受けよう!

模試の見方

申し込んだ入試はしっかり最後まで受けた方が良いと思います!僕はTwitterで勉強アカウントの界隈の方々とつながりを持っているのですが、タイムラインでときどき、もう浪人が確定したから今年の入試にいかずに勉強に専念する!と言っている方がいますが、正直僕はその考えをする人は浪人もあまりうまくいかないのではないかと考えます!

なぜなら、第一志望に対する執念が感じられないからです!

よほど詰みの状況、例えば偏差値30の人が京大医学部に挑む、みたいな状況でない限りは、まだ合格の可能性が低いだけで合格できる可能性はあります。

もしあなたが受験するのをあきらめた年にあなたの得意な分野の問題ばかり出たらどうですか?来年はおそらく同じ分野の問題は出にくいですよ?

みたいな感じでせっかく入試を受けることができて合格できるチャンスもあるのに、それを捨ててしまうなんて僕から言わせればだいぶやばいです!

また、実際に第一志望の受験を同じ場所、同じ時間、同じような問題のクオリティで解く経験は、何事にも勝る経験になるのではないでしょうか?

来年の入試までの365日のうち、ただ勉強することはいつでもできます。しかし、本番と同じ条件(本番なんですけど)でその大学の入試問題を解くという経験は、365日のうち入試本番でしかできません!その上さらにラッキーで合格できるのであればやらない手はないと思いませんか?

せっかく親が受験料を払ってくれているんですから、しっかり料金分の経験はしておきましょう!

入試に対して本気で取り組む経験をしてみよう!

206859318e29c3ed9e189b6f729deb3e

少し精神面の話になってしまいますが、志望校に受からないかもしれないからといって、すぐに今年を捨ててしまうのは、ある意味逃げだということが出来るのではないでしょうか。簡単に第一志望や現役合格を捨てるのも戦略と言われればそれだけですが、自分の限界までやりきるという経験をしないまま受験を終えてしまうことになると思います。

受かるかどうかわからない不安な状況でも最後まで自分のやるべきこと、つまり大学受験ならば勉強をやりきるという経験を一度体験しておかなければ、来年も再来年も先延ばしにしたり志望校のランクを下げて受験を終えたりしてしまいます。

現役ならば浪人したくなかったんだなということで志望校を下げたということである種の成功であると思います。しかし、浪人において志望校を下げるのは、浪人の失敗を意味します!

浪人を前提にしているということは、落ちてしまってもあまり精神面でもダメージが少ないということだと言えます!失敗してもいいので、最後の最後まで諦めずにやりきる経験をしておけば、来年の受験期にもその経験は活きてきますし、なんならその時期に大きく学力が伸びて一気に合格するかもしれません!

今年はダメでも良いんだったら、来年の予行演習として、最後までやりきってみませんか?

なぜうまくいかなかったのかを分析しよう

1504105reasons_must_learn-w960

これは別に今すぐやれというわけではなく、入試日程が終わってからでも良いのですが、なぜ今年の志望校合格が厳しい状況になっているのか、そこを思い返してみて下さい!

単純に部活が終わるのが遅すぎて時間が足りなかったのか早いうちから受験対策をしていたが途中でだらけてしまったのか、などなど自分の今までの受験対策にツッコミを入れられるところを全部ありだしましょう!

そして、それをしっかり分析して、どうしたらそれをなおせるか、例えば、自分の計画通りに勉強をすすめることが出来ていなかったということが分かったなら、月別に目標を立てて、そこから逆算して日々の計画を立てるようにするなど、各自で反省点を改善していきましょう!

それが出来なければ、結局来年の今頃も同じような状況になっていてこのブログを見ることになるかも知れません(見てもらう立場としては複雑ですが)!

基礎固めのためのオススメ参考書紹介

glasses-g98346be95_1920

浪人をする上で見直すことになるのが、基礎がしっかり出来ているかということです!特に、部活があって勉強時間の絶対量が少ない人ほど、基礎が出来ていないことが多いです!以下に基礎固めの勉強法やオススメ参考書についてのリンクを多数を掲載しておきますので、興味があるページがあれば読んでいってください!
数学レベル別参考書紹介
英文法の勉強の仕方
現代文の勉強法を紹介!

浪人を前提に受験している人の層で多いのは、国公立受験で共通テストを失敗してしまった人たちだと思います!そのような人たちにとって大事なことは、来年の共通テスト模試で失敗しないことだと思います!

一応僕の共通テスト問題集のレビューアマゾンのリンクを貼っておきましたので、今年の雪辱を果たしたいと思う方はぜひともレビューの記事を見てアマゾンのリンクから値段など見ていってください!中古だったらかなり安くで買うことが出来ると思います!みんなが買い始める時期だと、在庫がなくなる可能性があるので、早いうちに買っておくに越したことはないですよ~(バリバリのセールストーク)
共通テストおススメ問題集!!





まとめ

今回は浪人を前提に受験している人へのアドバイスについて書いていきました!

浪人はもう一度受験するチャンスを得られるというメリットもありますが、当然デメリットもあります!ほかの受験生より1年長く勉強していて、春夏では圧倒的に成績が勝っていることからくる余裕や、途中でやる気がなくなって、浪人前よりも成績が下がってしまうということは浪人あるあるです!

浪人を覚悟して受験に臨む人は、この記事を読んでまずは少しでも今年のチャンスにかけてみること、しっかり自分のダメだったところを改善できるかどうかをもう一度確認してみましょう!


スポンサードリンク