どーも!ひいらぎです!

中々寒くなってきましたね。僕がこの記事を書いている今まさに目の前の窓から雪が見えています。雪にあまりなじみが無いものですから少しテンションが上がってたりします!

突然ですが皆さん!古文は得意ですか?

おそらく自信を持ってYesと答える方は少ないのではないでしょうか?自分は理系なんで国語はちょっと...という方も含めて受験で古文を使う人はよく聞いてください!

古文は誰でも得意科目にすることが出来ます!

今回は古文を得意科目にするための参考書
古典文法 スピード・インプット』(旺文社/佐藤総一郎著)
について徹底解説&レビューしていきます!



IMG_3482


206859318e29c3ed9e189b6f729deb3e

この参考書の特徴

この参考書の特徴としては、タイトル通り、古文を読むために必要な最低限の古典文法を、短期間で習得するための参考書というのが一番の特徴です!

また、必要最低限だけを厳選して集中的に解説しているので、非常にわかりやすいです!

古典文法ってあんまりおもしろくないし勉強も英語や数学優先で後回しになってしまいがちなことから、苦手な人も多いんですよね~

この参考書はそういう古典文法に多くの時間を割けない人のための参考書といっても過言ではありません!

この本の製作元である武田塾のYoutubeチャンネルでも、薄くて、見やすさを重視したので、古典文法に苦手意識を持っている人・手っ取り早く古典文法の全体像を掴みたいという人にはオススメ!と紹介されていました。

また、別冊で活用表などがさらにまとめられた暗記用に作られてあり、これを使えば、助動詞や用言の活用が非常に覚えやすくなります!(画像横向きで申し訳ないです..)

IMG_3484

この参考書の良い点・悪い点

良い点

この参考書の良い点は、先ほども説明したとおり、古典文法の最低限が短期間で学べるという点です!
文法って分厚い参考書をはじめから全部覚えていくのではなく、まずは根本となる基礎の文法要素を押さえてから、木の枝をつけていくように細かい表現や頻出でない文法を覚えた方がすぐに結果が出るしコスパがいいです!

またこの本では、実際に使えるような豆知識や解き方を会話方式などでしっかり紹介してくれているので、丸暗記というよりかは、理解しながら覚えていくことが出来る点もグッドです!

IMG_3483


この参考書を終えて物足りない方は、もっと細かい文法要素が載っている参考書に効率的に取り組むこともできますし、なんならこの参考書だけでも問題集などで演習を重ねれば、十分に試験で戦えるレベルの古典文法が身につきます!

実際に手に取ってみないと伝わりませんが、これをやるだけでいいの!?ってくらい薄いので、みなさんもよければ一度試してみてください!

悪い点

正直この本の悪い点はないと思っています!(普段の参考書紹介の記事ではちゃんと悪い点も指摘してますよー-)、それくらい、この本は速く、最低限の古典文法をインプットするというコンセプト通りに出来上がった参考書だと思います。

しいて上げるならば、本当に最低限のレベル以外を紹介していないので、古文をがっつり得点源にしたい方や、東大京大や医学部のような最難関と呼ばれる大学を受験する方にとっては、ちょっと物足りないかなーという感じですが、それはこの参考書のコンセプトではないので、仕方ないかなぁと思います!

模試の見方

この参考書の効率的な使い方

次に、この参考書の効率的な使い方について解説していきます!

この参考書の使い方はいたってシンプルです!

1 インプット部分の上部を一旦さらっと読んでみる
2 上部の後に下部の会話部分を読む
3 上部と下部を並行して読み進めていく


ある程度の範囲ごとに入試にチャレンジという演習問題が載っているので、そこにぶち当たったら今までの知識を総動員して問題を解いていく、このサイクルを徹底していってください!

これで、この参考書の使い方の解説は終了です!"短すぎません!?"と思った方、実はまだ終わりではありません!この参考書の本当に効率的な使い方は、インプットではないのです!

この参考書が最も効果を発揮するのは、長文を読んでいるときなのです!!では、今からこのことについて解説していきます!

みなさんはおそらく先に英語を勉強していると思いますが、そのときのことを思い出してください!
英文法の参考書、例えばネクステやスクランブルをやり終わったからと言って、長文で使われている文法を見抜いたり、文法問題がスラスラ解けるようになりましたか?おそらくなってないと思います!

これは、文法を覚えただけで、実際に自分で使えるようにはなっていないからです!(よくいう"わかる"と"できる"は違うっていうやつです)

つまり何が言いたいかというと、インプットした知識は実際にどのように使われているかを知って、自分で活用してみないとなかなか身につかないということです!

何度も言っているように、この参考書は速く古典文法をインプットするためには最適な教材です!

勘のいい方はお判りかも知れませんが、この本を最大効率で使うためには、この本の暗記をさっさと終わらせて長文演習に取り組み、そこで出てきた文法が分かるかどうかチェックし、分からなければ辞書のように使うことが必要です!

簡潔にまとめると
・この参考書は以下のプロセスでさっさと終わらせる(深い理解や完璧な暗記はそこまで必要ではない)

1 インプット部分の上部を一旦さらっと読んでみる
2 上部の後に下部の会話部分を読む
3 上部と下部を並行して読み進めていく


・この参考書が終わったら直ちに長文演習に取り組み、実際に学んだ文法を活用したり、勉強しないしたりと辞書のように使う

この 2点を絶対に押さえるようにしていただければ、古文の点数が爆発的に上がること間違いなしです!!

istockphoto-1264296727-612x612

この参考書を最安値で買えるサイトを紹介!

最後に、この参考書を最安値で買えるサイトを紹介します!
といってもさすがと言うべきか安全かつ一番安く買えるサイトはAmazonになっています!
Amazonでは、実は中古品も扱っているので、本来の価格よりかなり安くで買うことが出来ます!
いかにリンクを貼っておくので、もし購入を考えていたり、最安値がどれくらいか興味がある方はどうぞ見ていってください!



スポンサードリンク