どーも!ひいらぎです!!

今回は、ツイッター内でもリクエストが多かった、古文を勉強するとき、または問題を解くときに意識すべきポイントについて解説していきます!

f6f3e26f4fa5b679a28c7a77f07fc5c6_t


ポイント1 前書きをしっかりと押さえる

前書きというのは、問題文の本文の前に書かれてある文章のことで、リード文とも言います。

古文が苦手な人は、この前書きを軽視する傾向にあります!

 

そもそも、なぜ古文に前書きがあるか分かりますか?その答えは、前書きがないと文章を理解するのはかなり難しいなと問題の制作者が考えているからです!

 

つまり、筆者が文章を読むためのヒントを与えてくれているのです。逆に言うと、前書きを軽視するということは、わざわざヒントを与えられるくらい難易度が高い文章を、自らヒントを辞退して読もうとしているということが出来ます!

 

なので、今まで前書きをあまり重要視してこなかった人は、これからはぜひとも前書きを時間をかけて読んで見て下さい!

study-g38024b7f3_1920


ポイント2 人間関係図を描く

古文の最大の特徴として、主語や目的語が書かれていないことがあるという特徴があります。それにも関わらず、古文では文章が進むにつれてどんどん人物が増えていきます。

 

そこで大事なのが、登場人物の関係図をどこかの空きスペースに描いてみることです!登場人物同士の関係性をしっかり掴むことで、省略されている主語や目的語を想像しやすくなります

 

もちろん、試験本番の中で時間が厳しいのに絶対に関係図を描かなければいけないということはありません。しかし、普段の問題演習など時間が足りなかったからといって大きな影響がないような状況の中では、丁寧に関係図を書いてそれを習慣化させるようにしましょう!

istockphoto-1264296727-612x612


ポイント3 文章を読んだ後、自分であらすじを言ってみる

これは、本当に自分がその文章を読めたかどうかのチェックです、古文の問題を解き終わった後に、同じ問題を解いた人に、その文章のあらすじを起承転結や場面ごとの説明をさっと聞いてもらいましょう。

 

あらすじをすらすら言えて、それが他の人に納得してもらえたならば、あなたはその文章をある程度読めたということが出来るでしょう。

 

ここで覚えておいて欲しいのが、全訳は必要ないということです。基本的に古文単語帳は300~400語程度の単語しか載っていません。たったそれだけの単語で古文が全て読めるようになるわけありません(だからといって大量の古文単語を覚えようとするのは非常にコスパが悪いです)。

 

文章中には自分が見たことないような単語が多数あります。本番でも自分の知らない単語は確実に出てくるので、そのような中でも知らない単語の意味をだいたいで推測したり、単語にこだわらず結局どういうことを言っているのかを読み取ったりする力を育てていきましょう!

glasses-g98346be95_1920


ポイント4 文章の重要語句・重要単語の確認

先ほどは全訳することはないと言いましたが、だからといって分からない単語をそのまんまにしておいてよいというわけではありません。分からなかった単語や古典文法・少なくとも自分がやったことのあるものは必ず確認・復習して、次回からは絶対に間違えないというレベルまで仕上げるように心がけましょう!

そうすることでよく言われるような、一冊の単語帳や古典文法書を完璧に仕上げる!という状態に持っていくことができます!!

OIP (5)

まとめ

今回のポイントには共通点があります。それは、どれもアウトプットを中心とした勉強・演習であるということです。みなさん自身や皆さんの周りの人に、基礎が出来るまで問題を解かないと考える方はいませんか?

 

僕の経験からして、最も学力が伸びるのはインプットよりもアウトプットでインプットした知識を活用しているときです!古文嫌いな人には厳しいと思いますが、どれだけ効率的なものでも最終的にはやるしかないと思うので、毎日ある程度の時間を取って、あきらめずに勉強を続けてください!!

 
スポンサードリンク