現役講師の1日3分で偏差値10上げる研究室

一日3分程度で読むことのできるブログで受験勉強に役立つ情報を提供します! 目指せ偏差値10UP!!

Category: 英語

どーも!ひいらぎです!

今回は東進ブックスから出版されている
『大岩のいちばんはじめの英文法 超基礎文法編』について、特徴や効果的な使い方、良い点悪い点など、
徹底解説していきます!
IMG_3480





目次
・この参考書の特徴&難易度
・この参考書の使い方
・良い点と悪い点
・まとめ

206859318e29c3ed9e189b6f729deb3e

・この参考書の特徴&難易度

この参考書の特徴はタイトル通り、英語が苦手な方や英語を初めて勉強する人向けに作られた本であるということです!

この参考書の著者は東進で英語を担当している大岩秀樹先生です!この人は、大学受験の中でも比較的やさしい高1向けの授業の評価が高い先生です!僕の記憶ではこの人の授業は堅苦しい感じではなく、フランクで楽しい雰囲気だったような気がします。

そんな授業の雰囲気をそのまんま本にしたというイメージなので、難しい言葉はあまり使われていなく、取り組みやすいので、まさに英語初心者にうってつけの本であるといえます!

中身を大雑把にいうと、25ある単元ごとにそれぞれ章末問題がついているという感じです。

この本のレベルは、中学~高校基礎(高1までには押さえといてほしいくらい)のレベルです!
大学受験の勉強なのに中学範囲をやるのって意味なくない?って思う人こそやってみて欲しいです!本当にこれから英語を学んでいく上で必要なことが凝縮されているので。。。

この参考書の対象者としてはレベルと同じく中学レベルや高校基礎を勉強したい人が対象となります。しかし、本屋などで立ち読みすることが出来れば一度やってみて下さい!

それで1つでも怪しい部分が出てきたらまだまだ基礎が出来ていない証拠なので購入を検討する価値ありだと思います。

・この参考書の使い方
glasses-g98346be95_1920

この参考書の使い方は段階的に読むということがポイントです!

段階的に読むとはどういうことかというと、何周もかけて理解する ということです。

もう少し詳しく言うと、1周目、2周目は受験勉強というよりも楽しく読書する感覚で、さっと読んでいき、3周目以降で内容がしっかり理解できてから、受験勉強モードに切り替えて文法の問題を解いたり、暗記していきます!せっかくなので、この本の特徴である、楽しく取り組みやすいという点を活用していきましょう!

また、後で述べますがこの参考書は問題集ではなく講義系参考書なので、問題数は少ないです!なので、この参考書で1つの単元を終えたら、NextStageやVintageなどの問題集である程度問題演習してみましょう!時間があれば、この参考書をやる前とやったあとを比較してみると、自分の成長が実感できてモチベーションも上がると思います!

気をつけて欲しいのが、1回で覚えようとしたり、問題を解き終わったら終わりと考えてしまったりすることです!1回で覚えようとすると、最後の方になると初めの方に覚えたものを忘れていたり、この参考書を使い終わってからしばらくすると、結構忘れてしまいます!

また、問題を解き終わって満足してしまっていると、本当に理解できているかが分からないまま次に進んでしまう可能性があります!なので、しっかり理解した上で問題演習に取り組み、自分が完全に理解するようにしましょう。くれぐれも目的が参考書の中身をしっかり身に付ける事から問題を終わらせることへとすり替わらないように気を付けましょう!


・この参考書の良い点/悪い点
istockphoto-1264296727-612x612

・この参考書の良い点
この参考書の良い点は、何といってもコンセプト通りの英語初心者向けの分かりやすい説明や難易度であるということです!

最近の参考書はやさしい・基礎とタイトルにあったとしてもこれは難しいでしょと思う参考書は多々あります。しかし、この本はタイトル通り、英語学習の”いちばんはじめ”に取り組むべき参考書と言えます

また、個人的にいいなと思った点は、文章の成分ごとに色分けされているという点です!
次の写真を見て下さい!

IMG_3479

IMG_3478

これはこの参考書の1ページなんですが、英文が色分けされているのが素晴らしいと思います!

主語は青 動詞が赤 目的語が黄色 補語が緑 と色分けされています!

この中で注目すべき点は、しっかりカタマリで文章をとらえて色分けしている点です!

このカタマリは英語の言葉としてはと呼ぶものなのですが、僕がバイトしていて、この節や句のカタマリのイメージを教えるのにとても苦労しています(僕の実力不足ですね精進します)。

頭で理解するよりも直観要素の強いこの部分をこの参考書は色などを使って視覚的に教えてくれます!これは他の参考書とは違って明らかに優れている点だと思います!

・悪い点

悪い点に関してはあまり見つからないのですが、しいてあげるなら問題量が少ないので、問題をたぅさん解いて英文法を体に叩き込むことが出来ないという点や、自分を過小評価しすぎて英語が苦手なのでこの本をとりあえず買ってみたら簡単すぎたということがある可能性もありますが、それはそもそもこの本のコンセプトともずれているので、この本の悪い点とは言いづらいです!

それくらいこの本は英語初心者に向けては圧倒的な評価を受けています!

まとめ
study-g38024b7f3_1920

今回は、東進ブックス出版の『大岩のいちばんはじめの英文法 超基礎文法編』大岩秀樹
について、その特徴や使い方を徹底解説・レビューしていきました!

何度も言っているようにこの本は英語が苦手・初心者の方向けの参考書として、圧倒的な支持や評価を受けています!

これから英語を学びたい・英語嫌いを克服したいという方は是非この参考書を手に取ってみて下さい!


こちらのページから新品激安の中古まで幅広く御検討していただけます!


どーも!ひいらぎです!!

突然ですが皆さんは英文解釈の参考書は何を使っていますか?本屋にはたくさんの英文解釈の参考書が売られていると思いますが、その中でも特に人気で英文解釈の王道参考書と言われているのが、
「入門英文解釈の技術70」(桑原信淑,桐原書店)です!
IMG_3430




入門英文解釈の技術70を買ったけどどうやって勉強したらいいかわからない、、、

そんな人のために、この入門英文解釈の技術70の勉強の仕方・使い方について解説していきたいと思います!

目次
・これだけはNG!な使い方
・入門英文解釈の技術70の効果的な使い方
・まとめ

study-g38024b7f3_1920

これだけはNG!な使い方


英文解釈の勉強の仕方は人それぞれに合ったやり方があるので、この記事で紹介する使い方が絶対的に正しいとは限りませんが、絶対的に間違った使い方はあります!

皆さんが構文解釈の勉強をする上でのゴールは何ですか?正しく構文解釈できることですか?
もちろんそれも重要ですが、なによりも大事なのって、

長文が読めるようになること

じゃないですか?

今から紹介するNGな勉強法は、長文を読むためにかえって逆効果になってしまう勉強法です。

皆さんもついこんな勉強法をやっていないかどうかチェックしてみてください!

絶対にやってはいけない英文解釈の勉強の仕方は、3つあります!

① すぐに辞書を見る

意外とやってしまっている人が多いのですが、すぐに辞書を見るのはこの入門英文解釈の技術70(以下70と呼びます)を正しく使うためには、やってはいけません!

試験本番で長文を読むときに分からない単語があったとしても調べられないですよね?本番ではわからない単語は自分で推測しなければなりません!そのときに必要なことが構文解釈によって分からない単語の品詞を判別することです!

辞書を見てしまうとこの練習をしないまま次に進んでしまいます!これでは70を使いこなせているとはいえませんし、長文が読めるようになるとは考えにくいです。

② 日本語訳を見る

これは言わずもがなかもしれませんが、構文解釈において、答えを見るのは基本的にNGです!
もちろんどうしてもわからない場合に日本語訳を見て答え合わせをするのは構わないのですが、一度答えを見てしまうと、簡単に答えを見る癖がついてしまいます。そうなると、70ある構文の内の多くを無駄にしてしまう可能性があります!

なので答えは極力見ないように、見るにしても最低15分は考えてみてからにしてください!


③ すべての文章をSVOCで分ける

これも、一概にダメというわけではないのですが、正直なところコスパは悪いです!

構文解釈70は訳すべきところは傍線が引かれていて、その傍線部に、長文が読めるようになるために重要な構文が詰め込まれています!ほかの部分をSVOCに分けることももちろん練習にはなりますが、簡単な文章はSVOCに分けなくても大まかに意味を取れるようにならないといけません。

長文を読むときにすべてSVOCに分けていると時間が足りなくなることはわかると思います!
また、"I am a high school student. "という文章をわざわざSVCの第二文型だ!と思って訳する人は少ないと思います。また後で紹介しますが、やはり、すべての文をSVOCに分けるのは、非常にコスパが悪い、時間の無駄だ(個人の感想です)と思います!

以上が、70を使う上でやってはいけないNG勉強法です!

それでは次に70の正しい使い方について紹介していきます!

1504105reasons_must_learn-w960

・入門英文解釈の技術70の正しい使い方

70の正しい使い方は主に3つあります

①まずは70の英文をコピーする

構文解釈をするときには実際にシャーペンでカッコをつけるなど自分の手を動かすことが重要です!
その際にコピーを取らず参考書に書き込みをしてしまうと、復習するときの邪魔になってしまい、自分が本当に出来るようになったか確認することができません

なので、まずは英文のコピーを取ることをおススメします!参考書の最後の部分に英文だけがまとめて載っている部分があるので、そちらをコピーをしていただくと、70の学習をスムーズに進めることが出来ます!

②まずは傍線部をSVOCに分けてみる

70の中で傍線部が引かれている部分こそが、この参考書に取り組むうえで一番出来るようにならなければならない部分であります!

なのでまずは、傍線部だけに注目してみて、SVOCに分けられるかどうかに注目してみてください!
ここで大切なのが、和訳できなくてもよいのでSVOCに分けられるかどうかだけをチェックするということです!

最終的なゴールは、長文が読める、訳せるようになることなのですが、この70で出てくる文章については構文解釈なので、傍線部をしっかりSVOCに分けることが出来ればこの問題集に取り組んだ価値があると言えます。

分からない単語だらけで訳すことができなくても、くじけずに、SVOCに分けたり、どんな構文が使われているのかまでは頑張って判別する練習をしてみてください!

③あえて構文解釈をしない部分を作る

これは完全に長文を読むことを意識した使い方です!先ほどから何回か言ってると思いますが、長文を読むときに、すべての文章を構文解釈する時間はありません。

しかし、だからといってすべての文章に目を通しておかないと、問題を答える際の根拠となる部分を見逃してしまうかもしれない、、これがいわゆるジレンマというやつです!

それならばどうすればよいのかと思いませんか?そのために必要なのが、あえて構文解釈しない部分を作ることなんです!構文解釈しないで70にある問題を訳してみる練習をすることによって、長文を読むときに構文解釈しなくとも、なんとなーく文の意味が理解できてくるようになります!

その域に達することができると長文をすらすら読めるようになります!(いわゆる時短というやつです)長文読解の際に傍線部が引かれているような部分は、指示語の問題以外はだいたい難しい構文が使われている(だから問題になっているんでしょうね)ので、理想のレベルとしては、傍線部以外は構文解釈しなくてもだいたいの意味を捉えられるくらいのレベルが理想なので、そのレベルを目標に取り組んでください!

僕自身の経験としても、わざわざ構文解釈しなくても読める文章が増えていくにつれ、共通テストのリーディングでも見違えるように早く解けるようになりました。

では、そのレベルに達するまでには何をしたらよいのでしょうか?自分の感覚としては
とにかくこの入門英文解釈の技術70を何回もやることに尽きると思います!
これはさすがに数をこなして貰わないといけないです!

皆さんが構文解釈せずに当たり前に訳している"This is a pen."というのも初めからいきなり訳せたわけでなく、皆さんが自然とThisとpenがイコール関係だから第2文型でこう訳すんだというのをなんとなく構文解釈せずとも今までの経験からすらすらと「これはペンです」と訳しています。

つまりは、構文の感じに対して慣れる事が、わざわざ構文解釈しなくても文を読むことが出来るようになるためには必要なことと言えます!

幸いにこの70にはタイトル通りたくさんの文章が載っていますので、構文解釈はできるようになった、という方は、このあえて構文解釈しないで訳してみることに挑戦すると、この参考書を使いこなしていると言えるのではないかと思います!


まとめ

istockphoto-1264296727-612x612

今回は『入門英文解釈の技術70』の効果的な使い方・NGな使い方について紹介していきました!

英文解釈を学ぶことは英語をしっかり理解してい読むためには絶対に必要なことで、ここを疎かにしてしまうと、ノリで解ける問題もあれば、ノリで全く解けない問題も出てくるなど、英語の成績が非常に不安定になってしまいます!

受験まで時間のある方もない方も、まずはこの本にじっくり取り組むことで、他の同級生よりも一歩先のステージへ行ける事間違いなしです!

どーも!!ひいらぎです!

今回は、中学校の英語についての具体的な勉強方法について紹介していきます。

中学英語では何を勉強すればいいの?


4QvJAsugn7UokhZ_18408_97


小学校まで全く習ってなかったのに急に日本語以外の言語を勉強しなきゃいけないっていうのは非常に大変なことですよね?

結論から申し上げると中学英語で一番大事なことは教科書で使われている表現をしっかり押さえるということです!

 なぜなら、中学英語には難しい文法が使われているのではなく、決まりきった文章の形ばかりが使われているからです!

例えば、Nice to meet youをはじめに学ぶと思いますが、これを文法的に理解することはとても難しいです。しかし、みなさんNice to meet youの意味は分かっていますし、正しく使うことが出来ています。これはみなさんがNice to meet youの表現をそのようなものだと覚えているからなんです!

1504105reasons_must_learn-w960


 じゃあ I have a pen.という文法的に考える文章はどうなんだ!ということになるのですが、これも実は決まりきっているんです。私は~を持っているという文章を書くにはI have a ~.の~の部分に自分が知っている名詞を入れるだけ”です。例えば、名詞を10個知っていればこれだけでI have a ~.を使った文章が10個わかります。

 もう一つ例を挙げると、現在完了という単元(まだ習っていない方は申し訳ないです)を使った文章に I have been to Tokyo.(私は東京に行ったことがある。)という文章について、I have been to~.(私は~へ行ったことがある。)という型をしっかりと押さえていればあとは地名さえ覚えておけばその数だけの文章を書くことが出来ます。

模試の見方

 今まで説明してきたように中学英語は学校の教科書で使われる表現の型を覚えてあとはその中身をちょっと入れ替えれば、定期テストや高校入試の問題にほとんど対応することが出来ます!
 あ、覚える努力はしないといけませんよ(笑)では今回はこれくらいで、失礼します~。

 質問やコメント等いつでもお待ちしていますので気軽にどうぞ!!


どーも!ひいらぎです!!

二回目の共通テストが痛ましい事件や絶望的に難化した数1Aなど波乱の中終わりました!
受験生は共通テストの結果を受けて改めて入試の厳しさを知り・進路がより正確に定まってきたのではないでしょうか?

今回は、共通テストまで残り1年を切った新受験生、つまり高2の人が受験学年になるにつれてチェックしておいてほしいことや、やるべき勉強法について解説していきます!

模試の見方

高2生にチェックしておいてほしいこと

英単語・文法を覚えているか  

皆さんがお使いの単語帳はちゃんと進んでいますか?覚えた英単語が記憶から抹消されていませんか?

英単語や英文法はやった人ならわかると思いますが、これらをしっかり記憶に定着させるのには、かなり時間がかかります。また、英文法が特にそうなのですが、ネクステやヴィンテージなどでいくら文法問題をやったとしても、実際に長文で使ってみないことにはあまり身につかないし、そもそも文法が使われていることに気づかない時もあります。

例えば、文法の参考書の問題を解いている時、比較の単元をやっているからその問題が比較の文法を聞かれていることが分かりますが、もちろん入試問題では単元は教えてくれませんから、参考書の問題が解けるだけの状態よりも、より深い理解が必要になります。

単語もシスタンやターゲットは2000語近くの単語が収録されているので、英単語や文法をしっかり頭に定着させるのは時間がかかります!受験科目は英語以外にも古文や社会科目など覚えていなければならない科目はたくさんあります!部活が終わった後にこれらの科目と並行して英単語や文法を暗記しているようでは、正直言って遅いです!特に国公立を目指す人にとって、夏休みなどに理科や社会を詰め込んで暗記できないのは致命傷です!

なので、高3になる前の春休みまでには、最低限英単語・英文法を仕上げられるよう、計画を立てて勉強していくように心がけましょう!

英単語と英文法の進め方は過去に書いた記事があるので、そちらをチェックしてみてください!(下にリンクを貼っておきます)
英文法参考書 初心者編
構文解釈おススメ問題集


istockphoto-1264296727-612x612

共通テストの問題を解いて今の自分がどんなレベルにいるのかをチェックする

これは高2の人だけにやってほしいことというよりは高3になってからも定期的にやってほしいことではありますが、共通テスト大体1年前の今の時期に、自分がどれくらい共通テストが解いてみて、志望校や自分の目指しているレベルと今の自分の実力にどれだけギャップがあるのかを知っておきましょう。そうすることで残りの1年で自分がどれだけレベルアップしなければならないのかが明確になります。

自分と志望校のギャップに絶望し、心機一転奮起するのもよし、意外と余裕があってこの調子を維持するのもよし、つまり、とりあえず今の自分のレベルを知らなければ、今後の学習計画を立てられるわけありませんよね?

参考までに高3になる前に取っておきたい点数(共通テスト)を志望校別に載せておきます(あくまでも理想ですのでこれに届いていないからといってあきらめる必要はまったくありません)

東京一工・旧帝大・・・75~80%

早慶上智・地方国公立大学・・・70~75%

GMARCH・関関同立・・・60~70%

日東駒専・産近甲龍・・・50~60%

まだ高1生の方やこの記事を夏に読んでいる人は、まずこの点数を取ることが出来るよう意識して勉強を進めていってください!
glasses-g98346be95_1920

勉強する習慣をつける

予備校に通っている人なら上級生の方を見ているのでわかるかもしれませんが、受験生は部活が終わったら基本的に勉強漬けになります。本当に1日中勉強しています皆さんは1年後、先輩たちのように1日中勉強し続けることが出来ますか?おそらくいきなりは無理だと思います。

なので、今の内に1日中勉強してみる習慣をつけることを意識してみましょう習慣をつけるまではいかなくとも、1回くらいは1日中勉強する体験をしてみましょう。

出来るだけ今のうちに勉強してみることで単純に勉強時間が増えて効果が出ますし、受験生がどれだけ大変か、身に染みて分かると思います。

まとめ

今回は高3になる前までにやっておいてほしい勉強について3つ解説していきました。
高2の3学期はもう共通テストまで1年を切っているので、もう受験期・受験学年と呼ぶことが出来ます!

部活が終わってからは受験生全員が本気で勉強に取り組むので、正直人と差をつけるのは難しいです!しかし、高3になる前の春休みなどでは、みんなまだ本腰を入れて勉強していないので、この時期に頑張ることでほかの受験生に大きな差をつけることが出来ます!!

皆さんのライバルには、高1の段階で受験を意識しているような優秀な人もいます。そのような人に後れを取らないように、出来るだけ早い時期から勉強に取り組むようにしましょう。もちろん、今回紹介した項目は最低限やってほしいことなので高1段階で出来てる方がベターです!なので、この記事を見たらすぐに勉強を始め、ほかのライバルに差をつけられるよう頑張りましょう!!

どーも!!ひいらぎです!
今回は、共通テスト英語リーディングを時間内に解く方法について解説していきます!
実は過去にも同じような記事を書いたんです。。(一応リンクは貼っておきます)共通テスト英語リーディング対策!

以前書いた記事と今回書く記事はどのように違っているのかというと、前回の記事は共通テストを受けるための英語力をつける勉強法を紹介した記事・今回の記事は共通テストを受けるときの解き方や解く順番を解説した、テクニックに関する記事です。なので、前回の記事と比べると、即効性が高い(すぐに効果が出る)ものです!!では、前置きはこの辺にして、さっそく解説していきます!

あわせてこちらもご覧ください!
入門英文解釈の技術70の効果的な使い方!

目次
まず自分がどのレベルにいるのかを把握!
目標点数6~7割程度の場合
目標点数9~10割の場合
まとめ

4QvJAsugn7UokhZ_18408_97

まずは自分のレベルを把握

ひとくちに時間が足りないといっても全問正解を目指そうとしたら時間が足りなくなるのか、7割正解を目指しているものの時間が足りないのかなど、実に多種多様な時間が足りないという悩みがあります。そしてまた、9割目指している人と7割を目指している人には違うアドバイスをする必要があります。今回の記事では大体のレベルごとに時間に間に合わせるための取り組みを解説していくので、まずは自分がどのくらいのレベルでつまづいているのか、ということをしっかり把握しておきましょう。

目標点数6~7割程度の場合
英単語

申し訳ございません!タイトル詐欺です!
どういうことかというと、この記事は共通テストの時間内に終わらせる方法というのをコンセプトにしていますが、正直に言いますと目標がこれくらいの点数だと時間内に全問解き終わる必要はありません。

なぜなら、共通テストで全問解くということは、満点を目指しているような人でも苦戦するような問題までも全部解くということです!もちろんそんなことをしなくても6~7割程度だったら十分手が届く範囲です。なので、とりあえずはゆっくりでもよいので自分が解ける部分を確実に正解することを意識しましょう

しかし、この ”解ける部分を確実に正解する” って口で言うのは(今回は打ち込んでいますが...)簡単なのですが実際にやるのは非常に難しいです!!なので今から自分が解ける部分は正解できるようになるためのコツを教えますので、この部分はスクショして待ち受けにしちゃってください!!

自分が正解できる部分を確実に正解するためには、「分からない問題をさっさと捨てる」ことです!
「解ける部分を確実に正解すること」が大事ということは裏を返せば「自分が本来解ける部分が時間がなくて解けなかった」状況が圧倒的にマズイ、ということになります。

なので、分からない部分に時間をかけてしまうことによって時間さえあればとれるはずだった点数を取り逃し、挙句の果てに時間をかけた問題ですら点数を落としてしまうなんてことがあれば、それは受験業界的には "起こるべくして起きた失敗" です。

分からない問題を捨てるのには非常に勇気がいることなので、問題演習の時点から分からない問題を捨てる練習をやっておきましょう!!


目標点数8~10割の場合
模試の見方

これらの点数を目標にしている人たちは、全問解ききることが必須となってきます。ここで、問題を解ききるためには2つ方法があります。それは、
共通テストの解き方を徹底する・英語力の底上げをする
の2つです!
・前者は即効性があるが今後の英語学習のためにはならない
・後者は即効性はないが今後の英語学習に役立つ

という特徴があり本当に今すぐ共通テストの点数が欲しい人は前者の”共通テストの解き方を徹底する”という方法に取り組んでほしいです。

なお、英語力の底上げについては僕が書いたほかの記事を参照してもらうことにして(リンクを貼っておきます)今回は共通テストの解き方について解説していきたいと思います。
共通テスト英語リーディング対策!

共通テストの解き方(テクニック)

共通テストで高得点をとるために必要なことは何でしょうか?文章を理解することでしょうか?
いいえ、違います。
共通テストで点を取るためには、問題に答えられさえすればよいのです。

僕はこの考えのもと、共通テスト(僕の時代はセンター試験だったのですが)に取り組み97%(一問間違い)の得点を取ることが出来ました。

共通テストで点を取るために必要なことは”スキャミング”という技術です!スキャミング?と耳慣れない言葉かもしれませんが要は”問題文から設問に答えるためだけの情報を抜き出す技術”と理解していただければ結構です。実はこのスキャミングをマスターしていただければほとんどの方は共通テストを時間内に解ききることが出来ます。

スキャミングする方法を解説していきます

先に設問を読んで覚える→問題文をサラッと読む→問題箇所が来たら設問の選択肢と照らし合わせながら問題を解く→解き終わったら次の大問に向けてサラッと読む→繰り返し

これがスキャミングの手順となります

この記事を書いている現在では、共通テストまで残り2週間ほどですが、この2週間の間にも、ただ闇雲に問題を解くよりもこのスキャミングの練習をすることをおススメします!


※スキャミングは、時間を書ければ英文が理解できるくらいの英語力は前提となります。これがない方は基礎からやるようにお願いします

まとめ
3c4af2dbc53abb4f34e91c748dc5b2dc

今回は目標点数ごとに共通テスト英語リーディングの時間を終わらせる方法、スキャミングについて解説していきました。共通テストは多くの受験生にとって越えなければならない壁であり、これを突破しない限り第一志望合格は難しいかもしれません。このブログを参考にして皆さんが思うような結果を残せることを願っています!


↑このページのトップヘ