1日3分で偏差値10上げる研究室

一日3分程度で読むことのできるブログで受験勉強に役立つ情報を提供します! 目指せ偏差値10UP!!

Tag:勉強法

どーも!!ひいらぎです!!

今回はタイトルにもある通り、知らず知らずのうちにやってしまいがちな日本史一問一答の間違った使い方について解説していきます!日本史の一問一答についてはいくつか種類がありますが、今回は東進ブックスの『日本史B一問一答【完全版】2nd edition』を使って説明していこうと思います!



目次

・日本史一問一答のメリットデメリット

・日本史一問一答の間違った使い方

・日本史一問一答の正しい使い方

・まとめ


206859318e29c3ed9e189b6f729deb3e


日本史一問一答のメリットデメリット

ではまずは日本史一問一答のメリットデメリットについて紹介していきます!!

メリット

1 : どの単語が重要なのかが分かる

日本史の一問一答では、用語ごとにその問題の重要度が分けられています。東進の一問一答では星の数が0~3(星の数が多いほど重要)まであります。重要度が分けられていることによって、どの単語をまず覚えればよいかが分かります。

例えば、星3の用語と、星0の問題の2つが分からなかったら、まず先に覚えるべきは重要単語である星3の単語であることが分かります!

2 : インプット・アウトプットしやすい

日本史はよく流れを重視することが重要だといわれますが、流れというものも結局日本史の単語の意味を理解・暗記するために重要なだけで、結局用語を覚えられているかどうかが重要なのです!

一問一答では用語に関する問題文と答えとなる用語が一用語ずつ簡潔にまとめられているので、問題を読んで問題にこたえるということを何度も繰り返すことでインプット・アウトプットを高速で繰り返すことが出来ます!

デメリット

1 : 流れが分からない

先ほどのメリットとして流れが分からなくても用語を暗記できればよいといいましたが、やはり流れをつかめないと覚えにくいことは事実です!なので、用語ごとに分けられていて流れがのっていないことは一問一答のデメリットといえます!

2 : テストで活かしにくい

一問一答はどうしても用語の数が多くなってしまうので、一つ一つの単語を覚えきるのにはかなり時間がかかります。覚えるために何度も繰り返し読むと、一問一答に書かれてある問題文でその用語を覚えてしまいます。

そうすると、知っている単語でも違う視点から聞かれると答えられないこともあります。(例:近松門左衛門について人形浄瑠璃と言われれば答えられるが曾根崎心中の脚本を書いた人物と聞かれれば答えられなくなる)


日本史一問一答の間違った使い方

模試の見方

では先ほど述べた一問一答のメリットデメリットを踏まえて、無意識にやってしまっている人が多い一問一答の間違った使い方について説明していきます!

1:全部覚えようとする

これは新しく参考書を買ったときにはモチベーションが上がってしまうので多くの人がやってしまいます!どういうことかというと一問一答は重要度別に分けられているにも関わらず重要な用語も重要でない用語も同じように全部覚えようとすることです!

もちろん時間もあって日本史で満点を取りたいという方はそれでもかまわないのですが、あまり重要ではない用語まですべて覚えようとするのは正直言ってコスパが悪いです!覚える必要が少ないものは切り捨てる勇気も持ちましょう!

2:一問一答だけを使う

一問一答は用語はたくさん載っていますがその説明自体はあまり詳しくありません。一問一答だけで用語を覚えようとすると説明が詳しくなく、用語ごとのつながりもあまりない分、丸覚えになってしまいます!

日本史の問題は必ずしも一問一答と同じ問題文で出されるわけではありません。ですので、一問一答だけを使って丸覚えした状態だと、先ほどの近松門左衛門の例のように少し切り口を変えられると、答えられなくなる可能性があります。つまり、応用が利かなくなる、ということです。もちろん記述もうまくできるようになりませんし、いいことがありません。

日本史一問一答の正しい使い方

oda_nobunaga-365x290

では一問一答の正しい使い方とはどのようなものなのでしょうか?一問一答の正しい使い方は、
教科書で用語の意味や用語自体のつながりをざっとインプットする→一問一答でどのような知識がどのような切り口で聞かれているかをチェックし、アウトプット→わからなかったところをまた、教科書でチェックするというサイクルを回すことです!

一問一答だけで学習するのではなく、教科書とともに勉強し、教科書で理解した知識を定着させるために一問一答をやりこむという使い方がおススメです!

逆に教科書だけを読んでいると、教科書にのっている知識の何が重要なのか・何が頻出なのかが分からないです。なので何度も繰り返し言いますが一問一答は教科書とセットで使うことによって最大効果を発揮します!


まとめ

今回は一問一答の特徴・間違った使い方と正しい使い方について解説していきました。日本史はなんといっても用語をどれだけたくさん理解して覚えているかが得点を左右します。大学受験も二次試験になると教科書の知識だけでは対策しきれないことが多いです。この記事を参考にして一問一答を使いこなし日本史を得意科目・得点源にしてください!



どーも!!ひいらぎです!!

みなさんは現代文をどのように勉強していますか?

現代文なんて覚えることも漢字くらいしかないし、勉強しても意味がない!!っと思っていませんか?実際自分も受験生時代はそう思っていました!!

しかし!!現代文は勉強をすることによって確実に成績があがる科目です!!
ところがみなさん現代文の勉強法といわれてもなかなか思いつかないと思います。

なので、今回は現代文の勉強法が分からないという人たちのために、現代文の勉強法を解説していきたいと思います!


現代文の勉強法とは?

正直僕も受験生時代に現代文の勉強をしろといわれても何をしてよいのか全く分からなかったです!

それでは、現代文が得意な人はどのようなことに意識して現代文を読んでいるのでしょうか?実は、現代文が得意な人は、現代文のルールを意識して読んでいます!

それではそのような現代文のルールとはどのようなものなのでしょうか?現代文の中で重要な要素として接続詞があります。今回は接続詞の”しかし”の中にある現代文のルールについて解説していきます!

皆さんはしかしという接続詞にどのようなイメージを持っていますか?ただの接続詞ですか?それとも、逆説の接続詞ですか?たしかにそのようなイメージも間違ってはいません。

しかし、”しかし”にはもっと重大なルールがあるのです!それは、
A,しかしBという場合は、”しかし”のあとのBが筆者の主張である
ということです!
先ほどの傍線部の文章を見てください!しかしの前の文と後の文、どちらが僕が伝えたいこと(主張)だと思いますか?もちろん後の文ですよね?

このようなルールは現代文にたくさんあります!そして、それらのルールを踏まえたうえで現代文を読むようにすると、筆者の主張や一般論など、文章の流れが分かるようになってきます。そのような状態で現代文の問題演習をたくさんこなすことが現代文の勉強法です!

現代文で抑えておかなければならないのはこのようなルールです!そしてその後の問題演習もただ問題を解きまくるだけでは効率が悪いです!

現代文の問題を解くときに意識しておいてほしいことは、段落ごとに簡単に要約する癖をつけてほしいということです!

現代文を解くときに、問題からみるか文章から見るかでも変わりますが基本的には何回も問題と本文を往復することになります。そこで問題箇所を探している時間は無駄な時間です!なので、段落ごとに大体でいいのでその段落がどういうことを言っていたのかを要約しておくと、その無駄な時間を少しでも減らすことが出来るし、先ほどの接続詞のルールとともに文章の流れや構成がより詳しくわかるようになります!

このように、現代文にも意識すべきことや正しい勉強・問題演習の仕方がちゃんと存在するということが分かりました!!なので、自分の感覚で現代文の勉強をしても意味がないと決めつけることなく、この記事の内容や先生の意見などを参考にして勉強するようにしましょう!


まとめ

今回は、現代文が得意な人はどのようなことに注意しているのか、またそれに基づいた勉強法に関して解説していきました!まとめると
現代文も勉強をすれば確実に成績を上げることが出来る
現代文にはルールがある
段落ごとの要約することで文章の流れが分かり、問題の要素を探す時間を減らすことが出   
 来る

の3点です!

現代文で大切なことはフィーリングで解くのではなく、文章の流れや問題の要素などを見つけて論理的に文章を読むことです!そのような技術をつけるために、面倒がらずに現代文の勉強をするようにしましょう!

どーも!!ひいらぎです!!

一応このブログを書いている時期は多くの学校でもうすぐ2学期が始まるという時期です(全然違う方は申し訳ないです)

前回は勉強法(大雑把)について解説していきました!今回は新学期でいきなりつまづかないように、絶対やってはいけない勉強法について解説していきます!

これだけは絶対にやってはいけないNG勉強法

前回の記事では、絶対に正しい勉強法はないということを書きましたが、逆に絶対に間違っている勉強法はあります!それらのうちいくつかを紹介していきます!絶対にやってはいけない勉強法は次の3つです!

・復習をしない
・ただの作業を勉強時間と考える
・インプットばかりしている


では、なぜこれらのような勉強法がNGなのかを解説していきます!

・復習をしない

これは有名ですが意外と復習しない人っているんですよね~。普段は復習を意識してやっている人でも復習がおろそかになってしまうタイミングがあります。それが新学期なのです!

なぜならば、心機一転、勉強を頑張ろうとして先へ先へ進もうとしてしまいがちになるので、今までやっていた復習もより時間や質が減ってしまいがちです!

教育業界では有名なものに「エビングハウスの忘却曲線」があります!
忘却曲線

これは人間が学んだことは何日後には何%忘れているかを示したものです!

この忘却曲線に従うと、1日頑張って覚えたとしても復習をしなければ1日後には40%,2日後には70%忘れてしまいます!なので、復習の量が減るということは忘れていく内容をそのまま放置することです!
なので、復習をしない、量を減らすのはNGです!!

・ただの作業を勉強時間と考える

これもあるあるです!これはどういうことかというと、例えば社会の用語を暗記するときに教科書に線を引く人も多いと思います!そして、教科書にたくさん線を引いているとそれだけで時間がかかってしまいます。

しかし考えてみてください。線を引いているときはみなさんその用語を覚えられますか?実際線を引いてる時間はただの作業で覚えるのは線を引き終えてからではありませんか?

それなのに線を1時間引いただけでその1時間を勉強時間としてカウントしてしまうと全く新しいことを覚えていないのに勉強した気になってしまいます。そのような勉強した気になった状態が続くと成績は上がりません!!

・インプットばかりしている

インプットとアウトプットという言葉はみなさん聞いたことあると思います!簡単に説明するとインプットは教科書を読んで新しい情報を記憶することで、アウトプットは問題を解いたり人に説明することでその知識を出すことです!

特に社会科目では教科書を読むインプットを主な勉強法にしている人が多いです。しかし、実は社会科目でもアウトプットは重要であり、もしかするとインプットよりも重要かもしれません。

実際にアウトプットをしてみることで自分が本当に理解できているかや、わからないところはどこかがはっきりとわかります。例えば日本史の一問一答問題だと、その参考書に書かれているまま出題されたらわかるのに、問題文が変わっただけで解けなくなることがあります。

ほかにもなにかの概念を自分の言葉で友達に説明してみて、友達が聞いて理解できなかった部分は自分の中で理解できていない部分でもあるということです!

なので、インプットだけでなくアウトプットも積極的に取り入れるのが成績アップのカギと言えます!(アウトプットばかりやるのも良くないです)

まとめ

今回はついついやってしまいがちなNGな勉強法について解説していきました!

みなさんも自分の勉強を振り返って、このような勉強法をしてないかチェックしてみてください!
NGな勉強法をしている方は、それを辞めたらほぼ確実に成績が上がります。

2記事にわたりましたがこの記事で勉強法に関しての記事はいったん終わらせてもらいます!この記事を読んで皆さんの成績が上がることを願っています!

どーも!!ひいらぎです!!

今回は、1日何時間勉強すればよいのか?という疑問をお持ちの方のために、1日の勉強時間の決め方について解説していきたいと思います!!

勉強時間の決め方

では、さっそく結論から申し上げます!

1日の勉強時間を決めるのではなく、自分が出来るだけ頑張れる勉強量をやる!

ということです!

「答えになってないじゃないか!こっちは勉強時間を聞いてるんだよ!」とお思いの方もいると思います。しかし、勉強時間を決めておくことよりも勉強量で決めろということには、ちゃんと理由があります!


時間よりも量で決めた方がよい理由

勉強を時間よりも量で決めた方がよい理由はいくつかあるので、一つずつ解説していきます!

・量で決めた方が成果として把握しやすい!

これは勉強のモチベーションを保つという観点でも非常に重要です!

例えばなんですが、1日の勉強をした後に、今日は何を勉強したか振り返るとき、今日は十時間も勉強した、ということよりも今日はあの参考書を100ページ勉強できた、のほうが自分が今日何を頑張って何を学習したかということがはっきりとします!

・自分の集中力が出来るだけ高いまま勉強を続けられる

実際に人間の集中力は長くても1時間くらいしか持ちません!なので、1日10時間勉強しようとしてもその10時間集中し続けることは不可能ですし、1時間集中して勉強した後に、あと9時間もあるのかと考えると、それだけで気持ちが萎えてしまいますよね?

これを量で考えると、残りの勉強時間は、自分が頑張ることによって早く勉強を終わらせることが出来るので、早く終わらせるために集中して勉強を進められます!

つまり、自分が頑張れば頑張るほど早く勉強を終わらせることができるという状況を作ることで、勉強に対するモチベーションを上げることが出来ます!

・勉強時間は量よりも質だから

これは皆さんもご理解していただけると思います。

実際に10時間かけて英単語50個覚えた人と、1時間で英単語100個覚えた人では、1時間で英単語100個覚えた人の方が、受験的には評価されるし、時間的にも勉強に縛られる時間が少ないので、勉強のストレスもたまりにくいです!

極端な例ですが、勉強時間が長くても、それに結果が伴わなければ全く意味がないということです!

つまり、受験で正解するには質の高い勉強をする必要があり、そのためには集中力が必要なのです!
勉強を時間で決めてしまうと、集中力がない状態で質の低い勉強をだらだらと、ということになります!

なので、勉強は自分が出来る限りできる量で頑張るということが重要なのです!

まとめ

今回は勉強時間ではなく、量で勉強をしようという立場で勉強について解説していきました。

勉強は、ただ時間をかければよいというものではなく、むしろ、いかに短い時間で多くのことを学習できるかが大事です!

勉強時間をたくさん取らなければならないと思っているみなさんは、ぜひ自分の勉強時間に無駄なところはないか・集中力がない状態でだらだらやっていないかをチェックしてみてください!

効率の良い勉強法で、志望校への最短合格を目指しましょう!!!





どーも!ひいらぎです!!
今回は、世界史の勉強法について解説していきたいと思います!!

世界史の特徴


それでは、まずは世界史という科目の特徴について解説していきます!!
世界史の受験科目としての特徴は、

1 横文字(カタカナ)が多い
2 世界地図を把握しなければならない
3 いろいろな国の勉強をしなければならない

といったものがあります!

そしてこの3つの特徴はすべて覚える量が多いということにつながっています!
覚えることが多いのはしんどいですが、だからと言って社会の科目選択で選ばない方がよいのかと言われれば、別にそうでもありません!


世界史の勉強法

では次に世界史の勉強法について解説していきます!先ほどの
1 横文字(カタカナ)が多い
2 世界地図を把握しなければならない
3 いろいろな国の勉強をしなければならない
この3つの特徴をいかに攻略していくかが、世界史の勉強法にとって重要です!!

カタカナが多い、これは裏を返せば漢字を覚える必要がないということです!これが吉と出るか凶と出るかは、人それぞれです!しかし、漢字を覚える必要がないということは音で覚えれば、つまり口で言うことが出来れば、あとはそれをカタカナで書くだけですので、覚えるのが難しい用語は何回も音読して覚えるのが効果的です!

世界地図を把握するのは、別に世界中のすべての国を覚える必要はありませんし、基本的に出てくるのは列強やアメリカ、中国などが主ですので、これは教科書の地図をしっかり読むことで対処できると思います!

いろいろな国の勉強をしなければならないということは一国一国を詳しくするよりも多くの国を広く浅くすればよいということです。なので、理解ももちろん重要ですが、僕が選択した日本史と比べると理解よりも用語をしっかり覚えきるということに重点を置いてほしいです!

なので、英単語を覚えるのと同じような要領でがんがん用語を覚えていく勉強した方がよいでしょう!

それでは、世界史の用語を覚えていくための勉強法を説明していきます!

まずは、あなたの世界史の核となる参考書を見つけましょう。

参考書ごとに同じ用語でも少し説明が違います。なので複数の参考書をやってしまうと知識がごちゃごちゃになる危険があります!複数の参考書を使うことを否定するわけではないですが、最も重点的に使う参考書は一冊に決め、それを軸に世界史の勉強をしましょう!

次に暗記についてなのですが、別に世界史に限ったことではなく、知識の定着にはインプットとアウトプットの両方が不可欠です。いくらみなさんが世界史の用語を覚えたとしても、それを問題文を読んで正しく答えることが出来なければ意味がありません

参考書を読み込むだけでは、その参考書のすべてを覚えることは不可能です!!

なので、適度にアウトプットを取り入れなければなりません!
ここで自分のおススメはある程度覚えたらさっさと問題演習をしていくことです。

このある程度というのが分かりにくいと思うので、説明します。ある程度というのは、
参考書を2周し終わったくらいです!!
これがきついと思うならば、テーマごと(古代中国の成立・ローマ帝国の隆盛など)に区切って、そのテーマを2周し終えた後にその分野の問題演習を始めてもらってもかまいません!

実際に参考書を読むだけでは多くても70%くらいしか知識は入らないと思います。
なので、実際にアウトプットしてみることで、自分が覚えられている用語と覚えられていない用語を整理して、覚えられえていないところだけを効率的に覚えることができます!

こうして参考書を読んで得た70%の知識を80%、90%へと高めていきます!

では、これから参考書について解説していきます!


世界史のおススメ参考書 

ではまずはインプットのための講義系参考書のおススメを紹介していきます

一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書(SBクリエイティブ)
796


まずおススメするのが、「一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書」です。

あまり聞き覚えがないかもしれませんが、この本は一応参考書ではなく社会人向けの一般書になっていますが、アマゾンのランキングでずっと1位を取り続けた本です!こちらは年号などの細かいことはあまり載っていませんが、世界史を大まかに理解するのには非常におススメです!

この本のレベルとしては、世界史が苦手な人、世界史を1から学びたいという人には重宝すると思います!

これならわかる!ナビゲーター世界史B(山川出版社)
d0kmf4fsElI0CB2j

つぎにおススメするのが「これならわかる!ナビゲーター世界史B」です!
この本の特徴としては、教科書の流れと全く同じように解説されています。なので、学校で教科書が配られている人は、硬い言葉で書かれている教科書の中身を理解するための副教材として使うことができます!

副教材としても使える参考書ですがもちろんメインの教材としても全然使えます!また、この本は「一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書」と違って受験用の参考書なので、受験に必要な範囲がくまなくのっています

この本のレベル感としては、初心者から上級者まで幅広く対応しているので、特に世界史に苦手意識がないという方はとりあえずこの本と教科書をしっかりやりこめばどの大学にも対応できると思います!


まとめ

今回は世界史の特徴やその勉強方法について解説しました!

世界史は細かな理解もそうですが、何より大切なことは
たくさんの用語をもらさずに覚えきる!

ことですので、参考書を2周→問題演習→覚えていないところを復習
というサイクルをガンガン回して、単語を覚えきれるように頑張りましょう!!



↑このページのトップヘ