1日3分で偏差値10上げる研究室

一日3分程度で読むことのできるブログで受験勉強に役立つ情報を提供します! 目指せ偏差値10UP!!

Tag:大学受験

導入

どーも!!ひいらぎです!!

今回はツイッター内で質問が多かった数学の絶対値について解説していこうと思います!

また、以前中学範囲からやり直すためのおススメ参考書について解説した記事がありますので、よければ読んで見てください!
中学レベルのおススメ参考書


絶対値って何?

ではまず絶対値とは何かということについて調べていきましょう!ではまずWikipedia大先生が言うには
"数学における実数 x の絶対値(ぜったいち、absolute value)または母数(ぼすう、modulus|x| は、その符号を無視して得られる非負の値を言う。"
です!(Wikipedia出典)
意味がよくわかりませんね。

しかし、受験においてはこのような難しい意味で絶対値を理解する必要はありません!!

受験において絶対値をどのように理解すればよいかというと
0からどれだけ離れているか(0との距離)です!

図を使った解説

おそらく絶対値が苦手な方は0からどれだけ離れているかといってもあまり理解できなかったのではないでしょうか??

なので今から、図を使って分かりやすく解説していきたいと思います!例としてl3lについて数直線を使った解説をします! まず答えからいうと、l3l=+3,-3です。先ほどの0との距離という視点で考えてみましょう!下の数直線において、+3と0との距離は3ですね?では-3と0との距離はどうでしょうか??-3でしょうか?

この数直線のメモリを定規のメモリのようにして考えてみると(cm)、-3から0との距離も+3から0との距離と同じく3cmですよね??これを数式にしたものがl3l=+3,-3ということです!
20170818233056

次はもう少し発展させて中学の絶対値問題へと発展させていきましょう!

以下はy=lx-3lのグラフです。
c92d1824452b87ba35db8186bd84b697
なぜかx軸(y=0)の部分で急にカクっと折れています、これはどういうことでしょうか?絶対値がない場合を考えてみましょうy=x-3という一次関数においてx=1のときy=-2,x=2のときy=-1となります。ここでy=-2,y=-1というところに注目しましょう!y=lx-3lに話を戻すとx=1のとき、y=l1-3l=l-2l=2,同様にx=2のときy=l-1l=1というように絶対値のついた関数はy=0以下の部分で本来の関数とx軸に関して対称になるつまりこの関数ではyが0より小さいとき(xが3より小さいとき)、y=-x+3になります!このような作業を絶対値を外すといいます!

そして絶対値の問題は絶対値を外す作業、つまり場合分けは絶対値問題をとくために必ずしなければいけない作業なのです!!

高校数学の絶対値

それでは次に高校数学の絶対値の問題について解説していきます!(中学生の方は飛ばしてもらっても大丈夫です)

二次関数や三次関数の絶対値は先ほどのy=0以下の部分がx軸に関して対称であるということを踏まえれば大丈夫だと思います!

高校で出てくる絶対値問題には次のようなものがあります!

lx+3l+lxl=7 

これは絶対値付きの方程式と呼びます。

これは絶対値がついていなければ非常に簡単なのですが絶対値がついていることによって非常にややこしくなります!先ほどの解説を踏まえて場合分けすると、lx+3lは、xが-3より小さいときは-x-3,-3以上の時はx+3となります、一方lxlに関して、xが0より小さいときは-x,0以上の時はxとなります!

しかしこれだけではまだ足りないです!なぜかというと範囲が重複しているからです!どういうことかというと2つの式をxが0より大きいかどうか、xが-3より大きいかどうかの2つの基準で場合分けしていきました。このまま回答してしまうと採点者からxが-3よりは大きいけど0よりは小さいときはどうなるんだ?と質問されます!!少し説明しづらいので、写真にまとめました!

FullSizeRender

つまりxが-3と0の間にある時の場合分けもしなければいけないということです!

そうすると
①xが-3より小さいときlx+3l+lxl=7→-x-3+-x=7  x=-5(xが-3より小さいという条件に合致)

②xが-3以上で0より小さいとき、lx+3l+lxl=7→x+3+-x=7 3=7となり不適

③xが0以上のとき、lx+3l+lxl=7→x+3+x=7 x=2 (xが0より大きいという条件に合致)


というわけでこの問題の答えはx=-5,2の2つということになります!


書面で伝えきれるのはここまでです!もしこれでも理解できなければ学校の先生や成績が高い人に聞いてみましょう!

まとめ
今回は絶対値の解き方について解説しました!いわゆる数弱の人からしては絶対値は数学の難関となるので、まずは簡単な中学範囲からでもよいので絶対値を理解していき、偏差値アップを狙いましょう!!


どーも!ひいらぎです!!

受験学年の皆さん、過去問、もうやっていますか?「過去問をやりたいけどいつから始めればいいのか・もう始めてもいいのか」という悩みをお持ちの方は多いと思います!実際僕も、過去問をやり始める時期を周りの友達に合わせたりしていました。

なので今回は、過去問はいつからやり始めるべきかということについて解説します!

大学の過去問はいつから始めればいいのか

206859318e29c3ed9e189b6f729deb3e

さっそく答えから言います!

大学の過去問は科目ごとに、
基礎が固まった科目からやる

というのが望ましいです!

では、今からその理由を解説していきます!

過去問は基礎が固まった科目からやるべき2つの理由

・過去問はとても貴重である

過去問はこういう問題を解けるような生徒が欲しいという大学からのメッセージです!過去問の傾向といっても10年以上前になってしまうと、問題の質や難易度が大きく変わっています!なので、過去問は大体10年分、多くても15年分くらいしか使えないと思ってほしいです!

一週間に一年分でやるとしても10年分が3カ月弱で終わってしまいます。(これを多いと感じるか少ないと感じるかは人によるかもです)なので、過去問は基礎が固まって、しっかり問題を解ける実力をつけてから挑むようにしてほしいです!

・復習ができない

これは非常に重要です。よく1年分まとめてやろうとする人がいますが、これはNGです。過去問演習をしたあとには復習が大事だということはわかっていると思います。

そして復習はただ問題の答えを確認して解きなおすだけでなく、なぜそれが解けなかったのかを分析しなければなりません。その分析結果が基礎が固まっていなかったからできなかったならば、復習のしようもない基礎を固めてからやれば初見で解くことができた新品の過去問をおろしてしまうことになり、非常にもったいないです!



ただし、共通テストの過去問だけは基礎が固まってないうちからやってもいいです!
同じようにその理由も解説していきます!

・問題が豊富にある

みなさん共通テスト模試などはいろいろな会社が総力をあげて作成しています!なので、10年分くらいしかない大学の過去問とは違い、解いていっても問題がなくなることは限りなく0に近いです!

・共通テスト問題を使って基礎を固めることが出来る

これは主に社会や理科になると思いますが、例えば社会ではほとんどの問題が4択問題で、正答率を下げるために間違いやすい知識や用語が使われています!これは基礎固めのために覚えた知識をアウトプットして整理することに役立ちます!

しかし、大学の過去問・共通テストの過去問ともに気を付けてほしいことがあります!それは
焦って始めないことです
周りの友達や同じ志望校の人が早く過去問をやり始めているのを見て自分もやらなきゃと思ってやるのは避けましょう。

自分の中で基礎がおろそかなまま過去問演習しても点数がとれずにモチベーションが下がったり、復習も中途半端になったりします!

なので、基礎が出来ていないのに焦って過去問を解き始めることだけは避けるようにして、自分のペースを守るようにしてください!


まとめ

今回は、過去問をいつ始めればよいのか・またその理由について解説していきました。
まとめると
過去問をやり始める時期は基礎が固まった科目からやる。しかし共通テストに関しては、基礎が出来ていない段階でも必要があればやってもよい

ということです。志望校合格に向けて一番やらないといけないのは参考書ではなく過去問です!

過去問を正しく使うことこそが合格するための最大の方法ですので、過去問を解き始めるタイミングでお困りの方はぜひこの記事を参考にしてください!

次回は共通テストのおススメ問題集を紹介していきます!

どーも!ひいらぎです!!

いきなりですが、受験勉強を頑張っている皆さん!古文は得意ですか?おそらくこのサイトを見つけ出した皆さんはほとんどが古文が苦手・もしくは得意ではないという風にこたえると思います!

では、古文はどうすれば解けるようになるかというと覚えるべき優先順位は
単語(慣用句)>文法(助動詞)>敬語>その他の文法です!
この大小関係を見てもらえばわかるように、単語を覚えていないと、古文を読めるようになるなんて夢のまた夢です!

しかし、学校や塾でおススメされた単語帳ではあまり覚えられない,,,そのような悩みを持つ方はいると思います!そのような方のために様々な単語帳を吟味してきた僕が一番おススメする単語帳を紹介します!

読んで見て覚える重要古文単語315 (桐原書店)

OIP

ズバリ、僕がおススメする古文単語帳は、読んで見て覚える重要古文単語315 (桐原書店)です!では今からこの単語帳の良いところを紹介していきます!

読んで見て覚える重要古文単語315の良いところ

・全単語にイラストがついている

これがこの単語帳をオススメする一番の理由です!

普通の単語帳は単語の意味・例文がたくさん書き込まれており、イラストがあったとしても少しです。

しかし!この単語帳は全ての単語にイラストがついていて、単語を文字とイメージの両方を使って覚えられるようになります!

古文が好き・得意な人なら文字ばかりの単語帳でも学べるかと思いますが、そうじゃない人は出来るだけ読みやすく、分かりやすい単語帳の方が良いですよね?

・一つの単語を詳しく説明している

これもこの単語帳がよい理由です!例えば僕が2番目にオススメする単語帳に古文単語ゴロゴがありますが、ゴロゴは語呂で単語を覚えることに重点を置いているのに対して、この単語帳は語源やその単語に関する知識や派生語・関連語など、一つの単語を掘り下げて詳しく書いています!

なので、とりあえず単語を覚えられればなんでもいいという方は古文単語ゴロゴ単語の周辺知識なども含めて理解して覚えたいという方はこの読んで見て覚える重要古文単語315、という使い分けをしてみると良いと思います!

・慣用句や古文常識が載っている

重要古文単語315語に加え、慣用句や古文常識が載っています!古文常識とは、当時の身分関係や身分の名称・和歌の枕詞など、古文読解に必要な知識です!

受験においてそのような古文常識は学校では教えてもらえず、必須ではないのですが、知っておくことで圧倒的に古文が読みやすくなりますし、古文の難所である和歌の解釈も、枕詞などの知識を踏まえることで非常に分かりやすくやります!

・全レベルに対応している

この単語帳を覚えれば、産近甲龍や日東駒専のような大学から東大京大レベルまでどのレベルでも対応することが出来ます!

なので、この単語帳を使ってみたものの、模試などで知らない単語が出てきたという方は、もうあきらめてください!この単語帳にのってないような単語はどの単語帳にものっていません

この単語帳の使い方

この単語帳には、古文単語315語・慣用句90語の計405語が含まれています!

1日30語ずつやっていくことによって405÷30でだいたい13日14日で終わるので、まずは1日30語を14日というペースでまずは一周するようにしましょう!

一周が終わったら、あとは自分が覚えきれてないところを詰めるなり、もう一周するなり自分の都合に合うようにして貰えばいいと思います!

ここで注意してほしいことを簡単にまとめます
・見出し語とその意味だけでなく、しっかりと解説まで読む
・1回読むだけでなく、何周もする
・1日の量が終わったら必ず自分で確認テストをしてみる


これだけ注意して勉強して貰えば、1日1時間ほどである程度頭に入れることが出来ると思います!

まとめ

今回は僕がオススメする古文単語帳「読んで見て覚える重要古文単語315」がオススメな理由と使い方について解説していきました!

今の単語帳では古文単語が覚えられなくて困っている人・単語帳選びで悩んでいる人はぜひこの単語帳をチェックしてみてください!本当にオススメの一冊です!!




どーも!!ひいらぎです!!

みなさんは現代文をどのように勉強していますか?

現代文なんて覚えることも漢字くらいしかないし、勉強しても意味がない!!っと思っていませんか?実際自分も受験生時代はそう思っていました!!

しかし!!現代文は勉強をすることによって確実に成績があがる科目です!!
ところがみなさん現代文の勉強法といわれてもなかなか思いつかないと思います。

なので、今回は現代文の勉強法が分からないという人たちのために、現代文の勉強法を解説していきたいと思います!


現代文の勉強法とは?

正直僕も受験生時代に現代文の勉強をしろといわれても何をしてよいのか全く分からなかったです!

それでは、現代文が得意な人はどのようなことに意識して現代文を読んでいるのでしょうか?実は、現代文が得意な人は、現代文のルールを意識して読んでいます!

それではそのような現代文のルールとはどのようなものなのでしょうか?現代文の中で重要な要素として接続詞があります。今回は接続詞の”しかし”の中にある現代文のルールについて解説していきます!

皆さんはしかしという接続詞にどのようなイメージを持っていますか?ただの接続詞ですか?それとも、逆説の接続詞ですか?たしかにそのようなイメージも間違ってはいません。

しかし、”しかし”にはもっと重大なルールがあるのです!それは、
A,しかしBという場合は、”しかし”のあとのBが筆者の主張である
ということです!
先ほどの傍線部の文章を見てください!しかしの前の文と後の文、どちらが僕が伝えたいこと(主張)だと思いますか?もちろん後の文ですよね?

このようなルールは現代文にたくさんあります!そして、それらのルールを踏まえたうえで現代文を読むようにすると、筆者の主張や一般論など、文章の流れが分かるようになってきます。そのような状態で現代文の問題演習をたくさんこなすことが現代文の勉強法です!

現代文で抑えておかなければならないのはこのようなルールです!そしてその後の問題演習もただ問題を解きまくるだけでは効率が悪いです!

現代文の問題を解くときに意識しておいてほしいことは、段落ごとに簡単に要約する癖をつけてほしいということです!

現代文を解くときに、問題からみるか文章から見るかでも変わりますが基本的には何回も問題と本文を往復することになります。そこで問題箇所を探している時間は無駄な時間です!なので、段落ごとに大体でいいのでその段落がどういうことを言っていたのかを要約しておくと、その無駄な時間を少しでも減らすことが出来るし、先ほどの接続詞のルールとともに文章の流れや構成がより詳しくわかるようになります!

このように、現代文にも意識すべきことや正しい勉強・問題演習の仕方がちゃんと存在するということが分かりました!!なので、自分の感覚で現代文の勉強をしても意味がないと決めつけることなく、この記事の内容や先生の意見などを参考にして勉強するようにしましょう!


まとめ

今回は、現代文が得意な人はどのようなことに注意しているのか、またそれに基づいた勉強法に関して解説していきました!まとめると
現代文も勉強をすれば確実に成績を上げることが出来る
現代文にはルールがある
段落ごとの要約することで文章の流れが分かり、問題の要素を探す時間を減らすことが出   
 来る

の3点です!

現代文で大切なことはフィーリングで解くのではなく、文章の流れや問題の要素などを見つけて論理的に文章を読むことです!そのような技術をつけるために、面倒がらずに現代文の勉強をするようにしましょう!

どーも!!ひいらぎです!!

一応このブログを書いている時期は多くの学校でもうすぐ2学期が始まるという時期です(全然違う方は申し訳ないです)

前回は勉強法(大雑把)について解説していきました!今回は新学期でいきなりつまづかないように、絶対やってはいけない勉強法について解説していきます!

これだけは絶対にやってはいけないNG勉強法

前回の記事では、絶対に正しい勉強法はないということを書きましたが、逆に絶対に間違っている勉強法はあります!それらのうちいくつかを紹介していきます!絶対にやってはいけない勉強法は次の3つです!

・復習をしない
・ただの作業を勉強時間と考える
・インプットばかりしている


では、なぜこれらのような勉強法がNGなのかを解説していきます!

・復習をしない

これは有名ですが意外と復習しない人っているんですよね~。普段は復習を意識してやっている人でも復習がおろそかになってしまうタイミングがあります。それが新学期なのです!

なぜならば、心機一転、勉強を頑張ろうとして先へ先へ進もうとしてしまいがちになるので、今までやっていた復習もより時間や質が減ってしまいがちです!

教育業界では有名なものに「エビングハウスの忘却曲線」があります!
忘却曲線

これは人間が学んだことは何日後には何%忘れているかを示したものです!

この忘却曲線に従うと、1日頑張って覚えたとしても復習をしなければ1日後には40%,2日後には70%忘れてしまいます!なので、復習の量が減るということは忘れていく内容をそのまま放置することです!
なので、復習をしない、量を減らすのはNGです!!

・ただの作業を勉強時間と考える

これもあるあるです!これはどういうことかというと、例えば社会の用語を暗記するときに教科書に線を引く人も多いと思います!そして、教科書にたくさん線を引いているとそれだけで時間がかかってしまいます。

しかし考えてみてください。線を引いているときはみなさんその用語を覚えられますか?実際線を引いてる時間はただの作業で覚えるのは線を引き終えてからではありませんか?

それなのに線を1時間引いただけでその1時間を勉強時間としてカウントしてしまうと全く新しいことを覚えていないのに勉強した気になってしまいます。そのような勉強した気になった状態が続くと成績は上がりません!!

・インプットばかりしている

インプットとアウトプットという言葉はみなさん聞いたことあると思います!簡単に説明するとインプットは教科書を読んで新しい情報を記憶することで、アウトプットは問題を解いたり人に説明することでその知識を出すことです!

特に社会科目では教科書を読むインプットを主な勉強法にしている人が多いです。しかし、実は社会科目でもアウトプットは重要であり、もしかするとインプットよりも重要かもしれません。

実際にアウトプットをしてみることで自分が本当に理解できているかや、わからないところはどこかがはっきりとわかります。例えば日本史の一問一答問題だと、その参考書に書かれているまま出題されたらわかるのに、問題文が変わっただけで解けなくなることがあります。

ほかにもなにかの概念を自分の言葉で友達に説明してみて、友達が聞いて理解できなかった部分は自分の中で理解できていない部分でもあるということです!

なので、インプットだけでなくアウトプットも積極的に取り入れるのが成績アップのカギと言えます!(アウトプットばかりやるのも良くないです)

まとめ

今回はついついやってしまいがちなNGな勉強法について解説していきました!

みなさんも自分の勉強を振り返って、このような勉強法をしてないかチェックしてみてください!
NGな勉強法をしている方は、それを辞めたらほぼ確実に成績が上がります。

2記事にわたりましたがこの記事で勉強法に関しての記事はいったん終わらせてもらいます!この記事を読んで皆さんの成績が上がることを願っています!

↑このページのトップヘ