1日3分で偏差値10上げる研究室

一日3分程度で読むことのできるブログで受験勉強に役立つ情報を提供します! 目指せ偏差値10UP!!

Tag:復習

どーも!!ひいらぎです!!

みなさんの中に苦手科目を持っている方はいますか?おそらく多くの方はYesと答えるのではないでしょうか?苦手科目に関して、ここまで苦手なら一度中学レベルに戻ってみてもよいのではないか?しかし、時間の無駄な気もする、、と悩んでいる人のために、中学レベルまで戻った方がよいのか、またはどの科目なら戻った方がよいのかということを解説していきたいと思います!

どの科目なら中学レベルまで戻った方がよいか

おそらく中学の時から苦手だった科目は高校生になってからも苦手なままな人も多いと思います!まあやれるならどの教科も中学に戻って復習することが望ましいのですが、時間も限られている中あまり復習しても効果が出にくい科目まで復習するのはあまり得策ではありません。

しかし、中学レベルが出来なかったら絶対に高校レベルもできないという科目があります!それが、

英語と数学です!

進学校(自称進学校含む)や受験業界ではよく言うことなのですが、英語と数学はコツコツ積み上げていく科目だということを聞いたことありませんか?

例を挙げるとするならば数学の二次関数は中学で基礎を学びます。中学の二次関数の特徴といえば、頂点がy軸上にあったり、二次関数に未知数(aとかの文字)が出てこないなどが挙げられます!
そして、高校になると、二次関数では頂点の位置がいろいろなところに動くし、未知数も出てくるし、判別式や平方完成など、より発展的な知識を学んでいきます!

こう考えると、数学は中学レベルが理解できていないと、おそらくより高度になる高校数学が出来ることはないだろうということが分かります。

同じく英語でいうと、to不定詞の分類もできていないのに、不定詞を使った様々な表現を覚えてもそれはただの丸暗記になってしまい、英作文などで使おうとするとうまく使えないということになってしまいます!(to不定詞について解説した記事がありますのでよければそちらもどうぞ)
不定詞を分かりやすく解説!

それに対して国語理科社会に関しては高校レベルの簡単な参考書をしっかりやれば十分に取り返せるので、わざわざ中学まで戻る必要はないと思います!

中学レベルの復習におススメの参考書

英語

中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。(学研出版)

4053033934
英語のおススメ参考書は「中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。(学研出版)」です。この本は中学一年英語をひとつひとつ分かりやすく、中学二年英語をひとつひとつ、中学三,,,(以下略)という3つの参考書をぎゅっと要点だけに絞った参考書です!中学から本当に英語が出来ない人でも、おおよそ三週間くらいで終わらせられます!




数学

やさしい中学数学(学研出版)

4053032598

こちらも学研出版の「やさしい中学数学(学研出版)」です。こちらは以前紹介したやさしい高校数学の中学版です!
この本は全部復習してもよいのですが、個人的には、二次関数であったり、図形であったりと苦手なところだけを戻って勉強するという使い方がおススメです!

本屋で立ち読みしてみてさすがに簡単すぎると思った方は、高校数学の参考書を紹介した記事があるので、そちらをご覧ください!独学で学べる!数学レベル別おススメ導入参考書

これらの参考書は高校生だけでなく、中学生の方が確認用に使うこともできると思います!




まとめ

今回は、英語と数学において中学からの復習が必要な理由と、おススメ参考書について紹介していきました!英語と数学が出来ることは受験において大きなアドバンテージになります!逆に言うと英語と数学が苦手な人はそれだけで不利になります!

なので、数学か英語に苦手意識を持っている方はぜひこの記事を参考にして苦手克服を目指しましょう!

どーも!!ひいらぎです!!

突然ですがみなさんは数学に関してこんな悩みを持っていませんか?
「参考書や教科書はしっかりやりこんだのに、模試などの初見問題になると点数がとれない、、」

今回はそのような、いざ本番で初めて見る問題が解けない!という悩みを解決する方法について解説していきます!

まず、最初にはっきりさせておきたいのが、僕や学校の先生がいう初見の問題と、皆さんが考えている初見の問題の定義が違っていることがあるということです!

講師陣が考えている初見の問題とは、今までの参考書や授業でも取り扱ったことのない、新しい切り口からの見方やひらめきが必要になる問題であり、

皆さんが考えている可能性がある初見問題は、自分がやったことない問題全部です。ここで大事なことは、数字が違うだけの類似問題さえも初見問題と考えてしまうことです!

そしてここで覚えていてほしいのは、講師陣が考えている初見問題は解けてほしいものの、絶対に解けなければいけないものではなく、逆に、皆さんが考えている初見問題は絶対に正解しなければならないものであるということです!!


皆さんも模試などで全然わからなかった問題の解答を見てみると、実はとても簡単なものであったり、実際に参考書や問題集で出てきたことがある問題だった、という経験はありませんか?

少し厳しいことを言いますが、このようなことが頻繁に起きているようでは、
「参考書や教科書はしっかりやりこんだのに、模試などの初見問題になると点数がとれない、、」
のではなく、あなたの参考書や教科書のやりこみが足りないということです!

なのでまずは、参考書や問題集でやったことのある問題が模試で出てきても解けるようになる勉強法を解説しています!!

やったことのある問題の数字や出題のされ方が変わっても解けるようになる勉強法は、

実際の答えの数字や計算過程よりもその考えの道筋やなぜそのような発想が出来るのかを考える

ことです!

僕は今アルバイトで塾講師をしているのですが、よく生徒から数学の問題集に関して、
「もう問題集の答えを覚えてしまったんですが、どうやって復習すればいいですか?」
という質問をうけます。

こういう時に自分はこの勉強法をおススメしています!

当たり前のことを言いますが、本物の入試に参考書や問題集と同じ数字、同じ出題のされ方が出される確率はほぼ0です。なので、問題集を解くうえで抑えるべきポイントは実際の答えの値ではなくその過程なのです!

つまり、問題集をマスターできたといえるのは、問題をみて、まず最初にやらなければならないことはなにか、そして最終的にはどのような計算式をたてれば答えにたどり着くか、はたまたたどり着きそうか、ということがわかるというところまで出来るようになったときです!!

では次に参考書でもみたことないような初見の問題を解くための勉強法をご紹介します!

正直これに関しては正確な答えなんてものはないと思うので、(あれば今更僕は大数学者として名を馳せています、、)僕の個人的おススメを紹介します!初見問題を解くために必要な勉強法は、

今までの学習してきた問題の別解を考える・多くの問題を解く

これに尽きると思います!
では今からその理由について解説していきます!

入試問題では高校数学の域を超えた問題、つまり高校数学の知識だけでは解けない問題は99.99%でません!もし出るとしても医学部とか東大理系くらいだと思います(まあそれでもほぼ確実に出ないとおもいますが)

なので、最終的には私たちが見たことある解き方や計算式にたどり着くはずです!その形にどうやって持っていくかが勝負なのです!そしてそのためには多くの問題を解いたり、自分が一回解いたことのある問題を別の解法ではできないかなど試行錯誤していくことが重要です。

つまり、自分の解き方の引き出しの数を増やすことによって初見の問題の捌き方のバリュエーションを増やしていくことが重要です。

そのために問題を自分の解法以外の視点から見ることや、問題を多く解くことは初見の問題を解く力をつけるためには必要なのです!


まとめ

今回は、初見の問題を解けるようになる勉強法について見たことある初見問題?と見たことない初見問題の2パターンについて解説しました。

後半では参考書や問題集で見たことない問題が解けるようになる勉強法について解説しましたが、
ほとんどの大学では、参考書や問題集に類似問題が載っている問題が出題されるので、まずはそのような問題を自分で考えて解けるようになる、ということを意識して勉強するのがいいと思います!


どーも!!ひいらぎです!!以前、「確実に志望校合格に近づく模試結果の見方!!」という記事を上げましたが、今回はそのあとに実際に成績を伸ばすための復習方法について解説していきたいと思います。
(そちらの記事のリンクを張っておきますのでもしお時間があったら見に来てください)
  確実に志望校合格に近づく模試結果の見方!!  

それでは早速模試の復習方法について解説していきます!

模試の復習をするときのプロセスは次のようなものです

自分が間違えたor今出来るか怪しい問題を抽出する
         ↓
その問題がどのような問題であったか、なぜ自分は解けなかったのかを分析する
         ↓
分析をもとに対策していく

といった文字にしてみれば当たり前のことです!では今から、各プロセスについて解説していきます

自分が間違えたor今出来るか怪しい問題を抽出する

まずは、自分が復習すべき問題を選ぶことが重要です。ここで気を付けてほしいことは、間違えた問題だけではなく、自分が今できるかどうかわからない問題もしっかりと復習することです。

昔の自分なら解けたけど2カ月経った今その問題を解くことが出来ないならば、どうしてその問題を復習しなくてもよいのか、いや復習しなければならない!(反語風)

受験本番で解けなかった問題について、昔は解くことができたなんて主張しても、まったく意味がないですよね?選択問題で勘で正解したという問題も正解はしているもののそれは自分の力で正解したものではないですよね?

つまり、間違えた問題だけでなく、自分の実力で今解けるかが分からない問題もすべて復習しないといけません!


その問題がどのような問題であったか、なぜ自分は解けなかったのかを分析する

お次は抽出した問題を実際に分析します。まず、その問題がどのような問題であったかを分析します。できるだけ細かくです!ここでは、高校数学の二次関数を例に挙げます。単なる二次関数の問題、だけで終わるのではなく、二次関数の頂点のx軸に関する対象移動の問題、という風に出来るだけ細かく分析することで自分が分からなかった部分だけに集中して復習することが出来ます!

では次になぜその問題が分からなかったのかを分析します。先ほどの二次関数の問題を例に挙げると、二次関数の平方完成が出来なかった、頂点の出し方が分からなかった、x軸に関して対象移動する方法が分からなかった、のなかのどれかにその問題が解けなかった原因がある可能性が高いです。このような分析をしてほしいです。そのために模試の問題用紙に軽くどこで分からなくなったかをメモしておくといいと思います。

分析をもとに対策していく

最後に、その分析をもとに対策をしていきます。またまた例として二次関数の登場です。
平方完成が出来なかったのが原因なら平方完成のやり方を復習することが必要だし、頂点の出し方が分からなかったのが原因なら頂点の出し方を復習することが必要だし、x軸に関して対象移動する方法が分からなかったら、、、、という風にわからなかったことだけをピンポイントで復習することで復習にかかる時間も減り、効率的に復習を行うことが出来ます。




はい! このような模試の復習方法を行うことで自分の弱点を知り、克服することが出来るようになり、偏差値を格段に上げることが出来ます。
受験生の方はどんどん模試の回数が多くなると思うので、この方法を使って志望校合格に向かってつく進んでください!!


↑このページのトップヘ