1日3分で偏差値10上げる研究室

一日3分程度で読むことのできるブログで受験勉強に役立つ情報を提供します! 目指せ偏差値10UP!!

Tag:模試

どーも!!ひいらぎです!!以前、「確実に志望校合格に近づく模試結果の見方!!」という記事を上げましたが、今回はそのあとに実際に成績を伸ばすための復習方法について解説していきたいと思います。
(そちらの記事のリンクを張っておきますのでもしお時間があったら見に来てください)
  確実に志望校合格に近づく模試結果の見方!!  

それでは早速模試の復習方法について解説していきます!

模試の復習をするときのプロセスは次のようなものです

自分が間違えたor今出来るか怪しい問題を抽出する
         ↓
その問題がどのような問題であったか、なぜ自分は解けなかったのかを分析する
         ↓
分析をもとに対策していく

といった文字にしてみれば当たり前のことです!では今から、各プロセスについて解説していきます

自分が間違えたor今出来るか怪しい問題を抽出する

まずは、自分が復習すべき問題を選ぶことが重要です。ここで気を付けてほしいことは、間違えた問題だけではなく、自分が今できるかどうかわからない問題もしっかりと復習することです。

昔の自分なら解けたけど2カ月経った今その問題を解くことが出来ないならば、どうしてその問題を復習しなくてもよいのか、いや復習しなければならない!(反語風)

受験本番で解けなかった問題について、昔は解くことができたなんて主張しても、まったく意味がないですよね?選択問題で勘で正解したという問題も正解はしているもののそれは自分の力で正解したものではないですよね?

つまり、間違えた問題だけでなく、自分の実力で今解けるかが分からない問題もすべて復習しないといけません!


その問題がどのような問題であったか、なぜ自分は解けなかったのかを分析する

お次は抽出した問題を実際に分析します。まず、その問題がどのような問題であったかを分析します。できるだけ細かくです!ここでは、高校数学の二次関数を例に挙げます。単なる二次関数の問題、だけで終わるのではなく、二次関数の頂点のx軸に関する対象移動の問題、という風に出来るだけ細かく分析することで自分が分からなかった部分だけに集中して復習することが出来ます!

では次になぜその問題が分からなかったのかを分析します。先ほどの二次関数の問題を例に挙げると、二次関数の平方完成が出来なかった、頂点の出し方が分からなかった、x軸に関して対象移動する方法が分からなかった、のなかのどれかにその問題が解けなかった原因がある可能性が高いです。このような分析をしてほしいです。そのために模試の問題用紙に軽くどこで分からなくなったかをメモしておくといいと思います。

分析をもとに対策していく

最後に、その分析をもとに対策をしていきます。またまた例として二次関数の登場です。
平方完成が出来なかったのが原因なら平方完成のやり方を復習することが必要だし、頂点の出し方が分からなかったのが原因なら頂点の出し方を復習することが必要だし、x軸に関して対象移動する方法が分からなかったら、、、、という風にわからなかったことだけをピンポイントで復習することで復習にかかる時間も減り、効率的に復習を行うことが出来ます。




はい! このような模試の復習方法を行うことで自分の弱点を知り、克服することが出来るようになり、偏差値を格段に上げることが出来ます。
受験生の方はどんどん模試の回数が多くなると思うので、この方法を使って志望校合格に向かってつく進んでください!!


こんにちは!ひいらぎです!!みなさんは今までに模試を受けたことがありますか?受験を考えたことがある人は受けたことがあると思います。

模試を受けた後に自己採点やわからなかったところの答えを確認するだけで放置していませんか?今回は模試の復習方法をどうすればよいかわからないという人のために、その復習方法を解説していきたいと思います!



まず模試の結果が返ってきたら皆さんは初めにどこを見ますか?やっぱり一番気になる点数ですか?それとも判定とか順位ですか?確かに、点数は自分の現在の立ち位置を把握する上で大事ですよね?

しかしそれ以上に見なければいけないのは”その点数が自分の実力や自分がこれくらいできたという感覚に見合っているかどうか”ということです!!


例えば、本来の模試の難易度的にはあなたが60点くらいをとれる実力を持っているとします。しかし選択問題でわからなかったので適当に選んだものがたまたま正解だったことが原因で実際の点数が70点になったとします。その時に70点という結果だけを見てしまうとあたかも自分の実力があがったかのように思ってしまいます。挙句の果てには志望校のランクをちょっと上げちゃうなんてことも、、、。



このブログのように文章にして書くとそのような人は馬鹿らしく見えますが、断言します!このような人は、あなたの周りに大量にいます!(あなたもそうかもしれません)実際の点数が必要なのは本番だけです!模試は点数ではなくあなたの実力を図るために存在しているのです!

~まとめ~

点数としての結果だけではなく、自分の実力と点数のギャップを考えた実質的な点数を重視することで、確実に志望校合格へとステップアップできるようになるでしょう!!

このブログは短時間で読めることをモットーにしているので、今回はここまでにします。次回も模試結果の見方を説明するので、このブログが参考になった人はぜひ次回のブログも見に来てください!!




↑このページのトップヘ