現役講師の1日3分で偏差値10上げる研究室

一日3分程度で読むことのできるブログで受験勉強に役立つ情報を提供します! 目指せ偏差値10UP!!

Tag:独学

どーも!ひいらぎです!!
今回は、世界史の勉強法について解説していきたいと思います!!

世界史の特徴


それでは、まずは世界史という科目の特徴について解説していきます!!
世界史の受験科目としての特徴は、

1 横文字(カタカナ)が多い
2 世界地図を把握しなければならない
3 いろいろな国の勉強をしなければならない

といったものがあります!

そしてこの3つの特徴はすべて覚える量が多いということにつながっています!
覚えることが多いのはしんどいですが、だからと言って社会の科目選択で選ばない方がよいのかと言われれば、別にそうでもありません!


世界史の勉強法

では次に世界史の勉強法について解説していきます!先ほどの
1 横文字(カタカナ)が多い
2 世界地図を把握しなければならない
3 いろいろな国の勉強をしなければならない
この3つの特徴をいかに攻略していくかが、世界史の勉強法にとって重要です!!

カタカナが多い、これは裏を返せば漢字を覚える必要がないということです!これが吉と出るか凶と出るかは、人それぞれです!しかし、漢字を覚える必要がないということは音で覚えれば、つまり口で言うことが出来れば、あとはそれをカタカナで書くだけですので、覚えるのが難しい用語は何回も音読して覚えるのが効果的です!

世界地図を把握するのは、別に世界中のすべての国を覚える必要はありませんし、基本的に出てくるのは列強やアメリカ、中国などが主ですので、これは教科書の地図をしっかり読むことで対処できると思います!

いろいろな国の勉強をしなければならないということは一国一国を詳しくするよりも多くの国を広く浅くすればよいということです。なので、理解ももちろん重要ですが、僕が選択した日本史と比べると理解よりも用語をしっかり覚えきるということに重点を置いてほしいです!

なので、英単語を覚えるのと同じような要領でがんがん用語を覚えていく勉強した方がよいでしょう!

それでは、世界史の用語を覚えていくための勉強法を説明していきます!

まずは、あなたの世界史の核となる参考書を見つけましょう。

参考書ごとに同じ用語でも少し説明が違います。なので複数の参考書をやってしまうと知識がごちゃごちゃになる危険があります!複数の参考書を使うことを否定するわけではないですが、最も重点的に使う参考書は一冊に決め、それを軸に世界史の勉強をしましょう!

次に暗記についてなのですが、別に世界史に限ったことではなく、知識の定着にはインプットとアウトプットの両方が不可欠です。いくらみなさんが世界史の用語を覚えたとしても、それを問題文を読んで正しく答えることが出来なければ意味がありません

参考書を読み込むだけでは、その参考書のすべてを覚えることは不可能です!!

なので、適度にアウトプットを取り入れなければなりません!
ここで自分のおススメはある程度覚えたらさっさと問題演習をしていくことです。

このある程度というのが分かりにくいと思うので、説明します。ある程度というのは、
参考書を2周し終わったくらいです!!
これがきついと思うならば、テーマごと(古代中国の成立・ローマ帝国の隆盛など)に区切って、そのテーマを2周し終えた後にその分野の問題演習を始めてもらってもかまいません!

実際に参考書を読むだけでは多くても70%くらいしか知識は入らないと思います。
なので、実際にアウトプットしてみることで、自分が覚えられている用語と覚えられていない用語を整理して、覚えられえていないところだけを効率的に覚えることができます!

こうして参考書を読んで得た70%の知識を80%、90%へと高めていきます!

では、これから参考書について解説していきます!


世界史のおススメ参考書 

ではまずはインプットのための講義系参考書のおススメを紹介していきます

一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書(SBクリエイティブ)
796


まずおススメするのが、「一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書」です。

あまり聞き覚えがないかもしれませんが、この本は一応参考書ではなく社会人向けの一般書になっていますが、アマゾンのランキングでずっと1位を取り続けた本です!こちらは年号などの細かいことはあまり載っていませんが、世界史を大まかに理解するのには非常におススメです!

この本のレベルとしては、世界史が苦手な人、世界史を1から学びたいという人には重宝すると思います!

これならわかる!ナビゲーター世界史B(山川出版社)
d0kmf4fsElI0CB2j

つぎにおススメするのが「これならわかる!ナビゲーター世界史B」です!
この本の特徴としては、教科書の流れと全く同じように解説されています。なので、学校で教科書が配られている人は、硬い言葉で書かれている教科書の中身を理解するための副教材として使うことができます!

副教材としても使える参考書ですがもちろんメインの教材としても全然使えます!また、この本は「一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書」と違って受験用の参考書なので、受験に必要な範囲がくまなくのっています

この本のレベル感としては、初心者から上級者まで幅広く対応しているので、特に世界史に苦手意識がないという方はとりあえずこの本と教科書をしっかりやりこめばどの大学にも対応できると思います!


まとめ

今回は世界史の特徴やその勉強方法について解説しました!

世界史は細かな理解もそうですが、何より大切なことは
たくさんの用語をもらさずに覚えきる!

ことですので、参考書を2周→問題演習→覚えていないところを復習
というサイクルをガンガン回して、単語を覚えきれるように頑張りましょう!!



どーも!ひいらぎです!!

今回は多くの受験生が悩みを抱えているであろう、数学についての参考書について紹介します!
世の中には多くの参考書が出回っているので、すべての参考書を紹介しきるのは不可能です!!

なので今回は、独学で数学を学ぶことができる、一冊に全分野が載っている全体網羅型のおススメ参考書を初心者・中級者・上級者の3レベルにわけて紹介していきます!

初心者におススメの数学参考書

高校1年生のような数学の初心者や数学が苦手な人におススメの参考書はズバリ、

やさしい高校数学・黄チャートです!

では今からこれらの参考書を紹介していこうとおもいます!!

やさしい高校数学(学研プラス)

41NdXOGVskL._SY291_BO1,204,203,200_QL40_ML2_

この参考書の特徴は、なんといっても問題の難易度が低め一つの問題に対する解説も省かずに丁寧に解説されているので、数学アレルギーのひとなど数学のすの字もわからない人はまずこの参考書で勉強することをおすすめします!

この本の良いところ悪いところを挙げていくと

良いところ 問題の難易度が低く、一つの問題に対する解説部分が多いので、本当に数学が苦手な人で
      も取り組める

悪いところ 問題数が多いわけではないので、この参考書だけでは受験範囲をすべて習得することは 
      できない

      
なのでやさしい高校数学をやろうと思う人はほかの参考書も使う必要があります。

黄チャート(数研出版)

41l+oe13bsL._SY344_BO1,204,203,200_

言わずと知れた有名シリーズチャート式の黄色です!数学でチャート式と聞くと青チャートが有名だと思いますが、この黄チャートは、青チャートほど難易度が高くなくなおかつ豊富な問題量で受験に必要な範囲を多くカバーしています。

この本の良いところ悪いところは

良いところ 難しすぎず、かつ豊富な問題量なので、大学の難易度にもよるが、この一冊を十分にやり      
      こめば、合格点をとることもできる

悪いところ 解説も丁寧だが、時折初心者には理解しづらいところがある

はじめに3レベルに分けて紹介するといいましたが、黄チャートは初心者と中級者の間くらいの難易度だと思います。

なので、数学には自信はあるが学校でまだ学んでいない部分もさきに進めたいという人は黄チャート
数学の授業を受けてみても全然わからない!という人はやさしい高校数学
という使い分けをするといいと思います!

中級者におススメの数学参考書
 
お次は中級者におススメの参考書を紹介します!

一口に中級者といっても、その基準は人それぞれなので定義しておきます!僕の中での中級者の定義は、共通テストで60~80点とれるくらいの実力です。

中級者におススメの参考書は、

青チャートです!

え?青チャートって思う方もいるかもしれません。

はい、青チャートです。

では、これからこの青チャートについて解説していきます!

青チャート(数研出版)

41YtgYK1tOL._SY291_BO1,204,203,200_QL40_ML2_
 
この青チャート、どこのレベルに入れるかを決めるのに本当に苦労しました。なぜなら、
マジでどのレベルにも対応しているからです。
先ほど初心者には黄チャートをおすすめしましたが、数学に自身のある人ならば黄チャートを飛ばして青チャートからやっていただいてもぜんぜん構いませんし、このあと解説する上級者の方でもこの青チャートを完璧にすれば、たいていの大学で合格点もとれます。しかし、このあとに紹介する完全上級者向けの本があるのでこの中級者におススメの参考書としました!

では、この本の良いところ悪いところを紹介します!
良いところ 初級者から上級者まであらゆるレベルに対応しているので、とにかくこれを買っておけば 
      無難かつ安定
      ほとんどの範囲をカバーしているのでこの一冊を仕上げるだけでほとんどの対策が出来る

悪いところ 受験数学のすべてがカバーされているわけではないので本当に数学を得点源にしたい人に  
      はもの足りない(かも?)


上級者におススメの数学参考書

では最後は数学で得点源にしたい、という人や医学部や東大京大を受けるという上級者におススメの参考書を紹介します!!

その参考書は、
Focus Goldです!

数学好きにはおススメかつ超有名な参考書です!では、解説していきます!
Focus Gold (啓林館)

31D5tMTlWpL._SY291_BO1,204,203,200_QL40_ML2_

このFocus Goldはよく進学校でおススメされる参考書です!
実際僕も使ってました!ちなみに僕の使い方は、学校で配られるワークを解く→わからなかった問題でそもそも考え方が分からない部分をFocus Goldで確認して学びなおすというように、辞書的な使い方をしていました!

なぜこのような使い方をしていたかというと、この一冊は難易度が高い+量が多いので、この一冊を仕上げるのは相当な努力と時間が必要だからです!

しかし、裏を返せばこの一冊をやり終えることが出来れば相当な実力がつくのではないかと思います!


では、良いところと悪いところを紹介していきます!

良いところ 受験数学のほぼすべてをカバーしており、この一冊を仕上げればあとは問題演習するだ  
      けでよい
      自分のわからないところや発展的な公式を辞書のように探して勉強できる
      

悪いところ 問題量がかなり多い+難易度が高いので時間がかかる

      


まとめ

今回は高校数学のおススメの参考書について解説していきました!今回の話を簡潔にまとめると、

数学初心者・苦手な人→やさしい高校数学

数学初心者・あまり苦手意識がない人→黄チャート

数学中級者→青チャート

数学上級者→Focus Gold
という感じです!

しかし、これはあくまでも僕の意見なので、上級者の人が青チャートやるのも全然ありだし、数学初心者が青チャートをやるのも全然ありです!

つまり何が言いたいかというと成績を上げる最大の要因は参考書ではなくあなた自身です!!
文系理系問わず数学が出来ることは大きな武器になるので、ぜひこれらの参考書を使って数学を武器にしてください!!

どーも!ひいらぎです!!今回はツイッターで質問があった、英文法の勉強の仕方について解説していきたいと思います! 

英語は文法よりも英単語を覚える方が苦手だ!という方は英単語のおススメの暗記法も当ブログで解説しているので、下のリンクから読んで見てください!
1週間で英単語700個覚える勉強法


では早速結論から申し上げます!!独学で出来る英文法の勉強の仕方は


講義形式の参考書→文法問題をガンガン解く


この方法に限ります!では、この2つのステップをそれぞれ解説していきたいと思います。

①講義形式の参考書

講義形式の参考書とは、問題を解くアウトプットよりも、覚えておかなければならない文法事項をインプットすることに重点を置いた参考書です(要は文法暗記用の参考書だと思っていただいて構いません)。有名どころだとEvergreen安河内の英語をはじめからていねいにやチャート式などが講義形式の参考書です。(ちなみに僕はチャートを使ってました。個人的にはこれをおススメします!)
bunnpou






ネットではよく、英語の文法を勉強するために問題を解く形式の参考書が紹介されています。
でも、普通に考えて暗記していない文法を覚えるために解説よりも問題にページが使われている本なんて、覚えにくそうですよね?

なのでまずは覚えるべき文法事項が詳しく解説されている講義形式の参考書である程度は暗記することを優先しましょう

受験英語で使われる文法事項は、やはり量が多いのでどうしても時間がかかってしまいます。
せめてよい工夫をするならば、文法事項を例文とともに暗記すると、並び替え問題や自分で英作文を書くときに間違いにくくなるかと思います。


②文法問題をガンガン解く

これは先ほど登場した英語の文法を勉強するために問題を解く形式の参考書です。これはネクステやスクランブルなどが挙げられます。(僕が使っていておススメなのはネクステです!)
bunnpou2





講義形式の参考書でインプットした状況をもとに問題をガンガン解いていきます。

これは僕の経験ですが、講義形式の参考書を一周したあとにいざ問題を解いてみようと思った時、問題の答えが自分がその参考書で見たことがある知識であるにも関わらず、まったく解けませんでした。。

この結果から僕はこういう結論を出しました。

真に成績が上がるのは、実際に問題を解いている時だ!!!と。

問題を解くために今までに講義形式の参考書で詰め込んだ知識を脳から探し出していく時間が一番自分の力がつくんじゃないかな~と個人的に思っています。


まとめ

今回は英文法の勉強法について

講義形式の参考書で知識をインプット
           ↓
問題形式の参考書でインプットした知識をアウトプット


という、きれいなインプット→アウトプットの勉強法を解説しました!
このような流れの勉強法は永久不滅この世の真理であるので、英文法以外の勉強法でも十分に活用することができます!

英文法が苦手だ~という悩みをお持ちの方はぜひぜひこの勉強法を試してみてください!!


↑このページのトップヘ