どーも!ひいらぎです!!

みなさん冬休みいかがお過ごしでしょうか?かくいう私は大学の課題に追われて最近(01/03)になってようやくブログを再開できています。

私が言えることではないかもしれませんが皆さんは冬休みだらけていませんか?実は、この時期にどれだけ勉強できたかというのは非常に大事なんです!例えば、普段予備校に言っているライバルも、年末年始は家でだらけてしまっていることが多いです。なので、年末年始に勉強することによって大きな差をつけることが出来ます。

なので今回は冬休みの過ごし方について今回は解説していきたいと思います。

3c4af2dbc53abb4f34e91c748dc5b2dc


目次

① 朝の早起きに必死に取り組む

② 起きたらいったん机に向かってみる

③  先延ばししないことを意識する

④ この時期の先輩の姿を見ておく

 まとめ

206859318e29c3ed9e189b6f729deb3e


① 朝の早起きに必死に取り組む
これ、冬休みって朝寒くて布団から出るのが億劫になってしまいますよね~。だがしかし、ここでだらだら二度寝してしまうことは時間を無駄にしてしまうだけでなく、生活リズムまでおかしくなってしまいます。僕の工夫としては、エアコンのタイマーや湯たんぽ、もこもこ靴下などのあったか器具を使って布団の外の世界を温かくして、起きた後にすっと布団から出られるような環境を作るのがおススメです!

② 起きたらいったん机に向かってみる
皆さん起きてまず何をしますか?僕の場合はまずお手洗いに行って、顔を洗って、歯磨きしてというのが朝の習慣になるのですが、この次にとりあえず机に座ってみることを心がけてみましょう!皆さんが勉強しなきゃと思っているのであれば、机に座って目の前に参考書があれば、まず間違いなく読むでしょう!勉強のモチベーションを保つためには、まず始めてみるというのが教育心理学的な鉄則ですので、朝起きてすぐに勉強するのは大変だよと思う人も、考えるよりもまずは実践してみましょう!!

③ 先延ばしにしないことを意識する
やっぱり人間ですので、やりたくないことはどうしても先延ばしにしてしまいがちです。先延ばしにしてしまうと、最終的にやらなかったり、時間が足りなくなって夜遅くまでお勉強せざるを得なくなってしまうことは想像つきますよね?先ほども言った通り、勉強を先延ばしにするのではなくとりあえずいったんやり始めてみることがおススメです。

④ この時期の先輩の姿を見ておく
高2生のみなさんは常々、”大学受験は高校受験とは違う”とか言われてきているかもしれません。実際に全然違うのですが、皆さんも実際に目の当たりにしなければわからないのは当然だと思います。今の時期、学校で補修を受けている先輩や予備校で何時間ももくもくと勉強している先輩の姿を見ておくことで、自分がだらけている場合じゃないと思えるんじゃないでしょうか?

また、先輩の中にも残念ながら志望校に合格できなかった人も当然出てきますあれだけ頑張っていた人でも落ちるんだという感覚があなたの中に芽生えることであなたの受験に関する意識も変わるのではないでしょうか?

まとめ
模試の見方

今回は残り少なくなってきた冬休みの勉強の仕方について解説していきました。正直に言って、受験学年でないのに冬休みに必死に勉強している生徒はほとんどいないです。この冬休みをみんなと一緒にサボるか勉強してみんなと差をつけるか、それはみなさん次第です。冬に自分を律するのは難しいことだと思いますが、この記事を参考にして満足のいく冬休みを送るようにしましょうね~